MS-DOS 6.22からWindows 8 Proまで順にアップグレードしていくとどうなるのか?


MS-DOSを入れたマシンにWindows 1.01をインストールし、そこから順次、最新のWindows 8 Professionalまでアップグレードしていくとどうなるのか、ということを淡々と進めたムービーがYouTubeで公開されています。Windowsがどこで劇的に変化したのかが感じられるほか、変わらずに来ている部分もあることがわかります。

Upgrade Windowsa 1.0 do Windowsa 8 Pro - blogi użytkowników portalu dobreprogramy
http://www.dobreprogramy.pl/Obin/Upgrade-Windowsa-do-Windowsa-Pro,41295.html

Upgrading Windows from 1.0 to Windows 8 Pro - YouTube


これを行ったのはObinさん。作業マシンにはVMware Workstation 9(64ビット版)をインストール。仮想マシンの環境はCPUがCore i7-3770プロセッサ、メモリ32MB、HDDは60GB(IDE接続)。


まずは「Windows」をインストールできる環境を作るために、DOSをインストール。ここではMS-DOS 6.22を使用。


MS-DOS 6.22のインストールが完了しました。


ここで、登場したのはWindowsではなく1994年発売のFPS「DOOM II」。


起動画面はこんな感じ


ゲームで遊びたいわけではなく、動作することを確認しているだけ。


「DOS」という名前でセーブして……


「PRESS Y TO QUIT TO DOS」、ゲームを終了してDOSに戻ります。


ここからはWindowsのインストールにかかります。MS-DOSを起動し……


ディスクを挿入


「Microsoft」のロゴが表示されて……


この通り、Windows 1.01のインストールが成功。


さらに、Winodows 2.0にアップグレード。ウィンドウのタイトルバーの色などを変更してみたり……


リバーシで遊んでみたり。


ここからはWindows 3のインストール。


セットアップ画面がグラフィカルになりました


この通り、「Windows 3.00a」に。


アップグレードすると3.1になって、ここ20年ぐらいWindowsに触っている人だと見覚えのあるロゴが出現。


バージョン表記の画面にも、おなじみの4色を使ったWindowsロゴが出てきました。


マインスイーパをぽちぽち。


ファイルマネージャーを開き、Windows 95のセットアップファイルを起動。


さらにインストール画面が進化


周辺機器をPCに接続するとき、特別な設定をしなくてもカンタンに使える「プラグアンドプレイ」はWindows 95の主要機能の1つでした。


人によってはそれほど懐かしくないかもしれない、Windows 95ロゴ。


バージョン表記はこんな感じに。なお、デスクトップの色はデフォルトだと薄緑色で、タイトルバーは青色。黄緑色のデスクトップに赤いタイトルバーはObinさんの設定によるものです。


Windows 95になってかなり見栄えが変わりましたが、DOOM IIは変わらず遊ぶことができます。


Windows 95から98の変化はそれほど大きくないように見えます。


しかし、スタートメニューからシステムツールを見てみると「ドライブコンバータ」が登場。


これまでファイルシステムはFAT(FAT16)でしたが、Windowss 95 OSRでFAT32が登場したので、このタイミングでコンバートをかけます。


次にアップグレードする先はWindows Me(Millennium Edition)。本来、Windows 95や98といった「9x系」は、ビジネス向けに展開されていた「NT系」と統合される予定でしたが、当時最新のNT系OSだったWindows 2000を一般ユーザが使うのは難しいという判断から、Windows 98・98SE(セカンドエディション)に続くOSとしてリリースされました。しかし、非常に不安定なOSで、評判は芳しくありませんでした。


Media Playerのスキンが大きく変更されました。


ファイルシステムを変えたので、ここでLinuxを使ってパーティション分けを行っているようです。


Meをアップグレードする先はWindows XP。今でも現役でバリバリ使われているOSです。


ファイルシステムをFAT32からNTFSに変更。


さらに、XPに比べてあまり評判の良くないWindows Vista Ultimateへ……。


Vistaで久々にDOOM IIを起動。


それでも問題なく起動して遊べます。


さらにアップグレードは続き、とうとうWindows 7まで辿り着きました。それでもまだゴールではなく……


これまでのWindowsロゴとはちょっと違う、単色のWindowsロゴが登場。


Windows 8のインストールです。


特徴的なパネルが並ぶ起動画面。


Appsを見ると、懐かしい「リバーシ」の文字。


16ビットアプリケーションサポートについて聞かれるので「Enable」をクリックすると……


Windows 2.x時代のリバーシがそのままの姿で起動しました。


さらに、「Calendar」を選択。これはWindows 8に搭載されているカレンダーとは別物で……


ほぼテキストベースのこんなカレンダーでした。


「カードファイル」も起動するとこんな古くさい感じの画面。


バージョン情報を見てみると、OSはWindows 8ですが、ライセンスはWindows 3.1のもの。


HDDの名前は一番最初の「MS-DOS_6」のまま。


Windowsフォルダ内に「MSDOS.exe」があり……


起動してフォルダ移動してみると、DOOM IIを発見。


起動しようとすると、エラーがでて起動できません。


さすがにここまでか……


と思いきや、ObinさんはDOSBoxというMS-DOSエミュレータをインストール。


これで、Windows 8上でDOOM IIを起動することに成功。


DOS、Windows 95、Windows Vistaと、今まで起動してきたDOOM IIと同じモノです。


ゲームプレイは問題なく可能。


バージョン表記はこんな感じ。


いったい、何がObinさんを駆り立てたのかは不明。ムービーではすべての行程が1時間にまとめられていますが、実際のインストール時は10分~1時間程度かかるものもあって、相当な手間がかかっています。

・関連記事
Windows 7に「Windows 8 Release Preview」を上書きインストール、今までと変わらず操作できるか試してみた - GIGAZINE

18年以上の歴史を築いた「Windows 3.x」がついに終了 - GIGAZINE

Windows 8.1は有償サービスパックではなく無料アップデートでの提供に - GIGAZINE

無料でWindowsのパスワードをリセットするUSBメモリを作る方法 - GIGAZINE

WinRT時代の始まり、WinNT時代の終焉 - GIGAZINE

歴代Windowsの起動音 - GIGAZINE

494

in ソフトウェア,  動画, Posted by logc_nt