×
レビュー

ファミ通文庫15周年記念オリジナルフィギュア「ふぁみ☆ぷち」第2期レビュー


ファミ通文庫が今年で15周年ということを記念して、4月1日から2014年3月31日まで「ファミ通文庫15周年 12ヶ月連続☆超感謝祭」を開催しており、「ふぁみ☆ぷち」というオリジナルフィギュアのプレゼントキャンペーンを行っています。1年間を4ヶ月ごとに3期に分け、1期につき5種類がもらえるようになっているのですが、第1弾の5種類に続いて第2期のフィギュア(原型)も借りることができたので、いろいろな角度から姿を確認してみました。

ファミ通文庫15周年 12ヶ月連続☆超感謝祭
http://www.enterbrain.co.jp/fb_cam/index.html


応募者全員プレゼント!ファミ通文庫15周年記念オリジナルフィギュア“ふぁみ☆ぷち”
http://www.enterbrain.co.jp/fb_cam/figure.html

フィギュアの大きさは5cm×7cm×2.5cmとなっています。なお、以下に掲載しているものはあくまで「原型」なので、実際に届く製品とは細部が異なる場合があります。

埋蔵金の龍ヶ嬢七々々。


後ろ姿はこんな感じです。


いろいろな角度から見てみないとわからないのが、フィギュアの見えない部分。龍ヶ嬢七々々は特徴的なスカートのヒラヒラがうまく表現されています。


赤い唐傘も再現されている「B.A.D.」シリーズの繭墨あざか。


後ろ姿はこのようになっています。


下から見てみると、スカートの内側まで忠実に作られているのがわかります。


ガブリエラ戦記のガブリエラ・リビエラ・スンナ。


ガブリエラはガードが堅く、スカートの中まで確認することはできず。


ココロコネクトの桐山唯は、空手のキックをしているところ


躍動感たっぷりです。


キックをしている桐山唯はガードが当然緩め。下着まで着色されているのがはっきりわかります。


四百二十連敗ガールの毒空木美也子。


背中側はこんな感じです。


毒空木美也子は下着の赤い縞柄まで描かれています。


なお、2期の応募期間は9月30日まで。「応募者全員プレゼント」とのことなので、応募券さえ揃えれば確実に5体ともゲット可能です。


3期は8月31日から11月30日までで、「犬とハサミは使いよう」の春海円香、「バカとテストと召喚獣」の木下秀吉、「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」の壱級天災、「黒鋼の魔紋修復士」のベッチーナ、「ココロコネクト」シリーズの稲葉姫子という5種類となっています。

・関連記事
ファミ通文庫15周年記念オリジナルフィギュア「ふぁみ☆ぷち」レビュー - GIGAZINE

森薫や入江亜季の生原稿を間近で鑑賞できる「エンターブレイン美術館」に行ってきた - GIGAZINE

創刊号「85円」で月刊アルカディアもファミ通に続いて電子版開始 - GIGAZINE

あだち充や森薫に星野桂など、漫画家の作業机が見られる「作家の机展覧会」レポート - GIGAZINE

本誌より「1日遅れ」で「40円安い」週刊ファミ通電子版は成功するか - GIGAZINE

ゲーム好きで知らない者はいない「ファミ通.com」編集部に行ってきました - GIGAZINE

in レビュー,   メモ, Posted by darkhorse_log