5%高速化した「Google Chrome 27」安定版がWindows・Mac・Linux向けにリリース開始

by mera

Googleによるとこの5%というのはわずかな改善に見えるかもしれないが、全ユーザーで見るとこのページ読み込みの高速化によって毎週510年間分以上もの時間が節約されるとのこと。さらに、多数のセキュリティ的な脆弱性も修正されており、各脆弱性の修正には500ドル(約5万1000円)から3133.7ドル(約32万円)までの賞金が支払われています。

Google Chrome Blog: Every second counts
http://chrome.blogspot.jp/2013/05/every-second-counts.html


Chrome Releases: Stable Channel Release
http://googlechromereleases.blogspot.jp/2013/05/stable-channel-release.html


ほかにもブラウザ上部にあるアドレスバー+検索バーである「Omnibox(オムニボックス)」についてもスペル修正・多数の基礎的な改良が施されており、さらにChrome Packaged Appsのための新しいオフラインストレージAPIである「chrome.syncFileSystem」が実装されました。これが何かというのは以下のエントリーで解説されており、自動的にクライアントのデータをGoogle Driveと自動同期させることなどが可能となります。

天使やカイザーと呼ばれて » SyncFileSystem APIの仕様ドラフトを和訳してみました
http://www.eisbahn.jp/yoichiro/2013/02/syncfilesystem-api-japanese.html

なお、最新のFlash Playerである「11.7」もGoogle Chrome 27には内蔵されています。

・関連記事
Facebook上のいいね!をまとめて一括でクリックする「どうでもいいね!」 - GIGAZINE

GoogleChromeから余計な機能を取り払いさらに軽量・高速化したブラウザ「Iron」 - GIGAZINE

Google ChromeのシークレットモードからGmailやFacebookのパスワードを抜き出す方法 - GIGAZINE

無料でIE・Chrome・Firefox・Safariでブックマークを同期できる「Xmarks」 - GIGAZINE

Google Chromeが他のブラウザから取り入れるべき機能とは何か? - GIGAZINE

iPhone&iPadで「Google Chrome」「Googleドライブ」が使える無料アプリ「Chrome」「Google Drive」 - GIGAZINE

GoogleがChromeのポリシーを変更して拡張機能で広告表示が可能に - GIGAZINE

73

in ソフトウェア, Posted by darkhorse