レビュー

履歴書の証明写真をプリンターでカンタンに自作できる無料サービス「IDphotoGenerator」


履歴書やパスポートなどに使う証明写真は写真館で撮影すると数千円、スピード写真でも数百円という価格で、沢山プリントアウトするとコストがかさんでしまうこともしばしば。そんな時に、好きな写真の一部分を切り取って自宅のプリンターで簡単に証明写真を作ることができるのが「IDphotoGenerator」です。

就活に最適!自作で履歴書の証明写真を格安プリントする方法(TOEIC・パスポートも対応)
http://shoumeishashin.strud.net/


証明写真を作成するには、トップページにある「すぐに試す」をクリックします。


まずは写真の選択。「参照」を押して自分のPCに保存されているファイルを選択したら「写真を決定」をクリックします。


以下の全身写真を使って証明写真を作成していきます。

By Meathead Movers

証明写真は履歴書(30mm×40mm)とパスポート(35mm×45mm)の2種類が選択可能。今回は履歴書を選択しました。


カーソルを使って選択範囲を自由に指定できるので、切り取るのにちょうどいい部分を探します。なお、Internet Explorerを使用している場合に領域選択が有効にならないことがあるので、そんな時はスクリプトおよびActiveXのコントロールを有効にしてください、とのこと。再読み込みすることで領域選択が有効になります


これでOK、となったら……


「領域を決定する」をクリック。


画面に証明写真が表示されました。この写真をPCに保存すれば、あとは印刷するだけでOKです。


なお、Firefoxを使用している場合、「右クリック→名前を付けて画像を保存」ではうまく保存されないため、画面左上の「ファイル」から「名前を付けて画像を保存」を選択します。またInternet Explorerの場合は「名前を付けて画像を保存」とするとファイルの種類にpngとbmpのみが表示されるので、ファイル名を「XXX.jpg」とし、拡張子を自分で指定して保存してください、とのことです。


保存ができたら、次は実際に印刷。印刷の際には普通紙ではなく光沢のある写真用紙を用意してください。


印刷していくと……


こんな感じ。用紙の方向を逆さまに向けてもう一度印刷すれば余っている下部も有効活用できて無駄なく使い切ることができます。


ハサミでカットすれば完成です。


大量に証明写真が必要になる就職活動の時に役立つのはもちろんのこと、TOEIC受験などで証明写真が必要だけれど撮りに行く時間がない、という時にもさっと作れて便利です。

・関連記事
「お祈りします」「日経新聞」「リクナビ」などタテマエだらけの就活をブラックに皮肉る「ブラック就活用語辞典」 - GIGAZINE

本気を出せない言い訳に共感を覚える「就活に本気出す時計」リリース - GIGAZINE

ソニーが新卒就活のルール変更、卒業後3年以内OK・スーツ不要・学歴不問 - GIGAZINE

笑えるものから悲壮感溢れるものまで就活生が思いを吐き出した川柳のトップを決める「みん就 就活川柳2012」 - GIGAZINE

ブラック企業大賞2012にノミネートされた会社リストまとめ - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logq_fa