5つの銘菓をFate/Zero特製イラストで包装したマチ★アソビ コラボスイーツ試食レビュー


徳島で開催されるマチ★アソビ Vol.10に向けて、地元銘菓とコラボを行った「マチ★アソビ コラボスイーツ」が発売されることになりました。コラボ自体はマチ★アソビ Vol.9でも実施してそれぞれ描き下ろしイラスト使用パッケージで販売されましたが、今回は5つの銘菓を1つのパッケージにするという、あまり類を見ないようなことが行われています。

このパッケージを1つ先行入手したので、さっそく開けてみました。

マチ★アソビ vol.10 2013.05.03~05.05開催
http://www.machiasobi.com/events/sweets.html

包装デザインは公式サイトで発表されているとおり、Fate/Zeroのキャラクターたちの特製イラストを使用。キャラクターたちがいるのはマチ★アソビの会場にもなっている新町川沿いのしんまちボードウォークで、キャスターが川の中にいたり、隣り合って座っている衛宮切嗣と言峰綺礼が足でバトルをしていたりと、細かいネタが盛り込まれています。


今回コラボしているのは「ぶどう饅頭(日乃出本店)」「川田まんぢう(吉田商店)」「金長まんじゅう(ハレルヤ)」「阿波のかりんとう 木頭ゆず(市岡製菓)」「あとりえ市 スイートポテト(あとりえ市)」の5つ。すべて別々のメーカーです。


コラボは徳島銘菓初。


それぞれの原材料などはこんな感じ


包装紙をきれいに剥がすと、中からは真っ白な箱が。


コラボスイーツ一式


「ぶどう饅頭」は白隠元豆を使った一口サイズの饅頭が5つセットになっています。


「川田まんぢう」は薄皮まんじゅう、無添加なので賞味期限が短め。持ち帰って固くなってしまった場合は天ぷらにして揚げて食べてもおいしいそうです。


チョコレート風味の皮の中に白あんを包んだ「金長まんじゅう」。「金長」は阿波国に住んでいたという狸の名前に由来していて、高畑勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」には六代目金長が登場します。


おからを使用し、ゆずを練り込んだ「阿波のかりんとう 木頭ゆず」。ゆずの酸味がひと味違います。


「あとりえ市 スイートポテト」は徳島名産の鳴門金時を使用。


そして、同梱されているポストカードは包装紙と同じデザインを使用。誤って包装紙を破ってしまっても嘆かずに済みます。


価格は1箱1100円。いろいろな銘菓を買わなくても1箱で5種類揃うので、徳島をいろいろと味わうことができます。ただし、金長まんじゅうとスイートポテトはそれぞれ1つずつなので、複数人で分けるような場合は何箱か買った方がよさげです。

・関連記事
描き下ろしのイラストは必見、アニメキャラクター×お菓子のコラボ7種類全部を食べてみた - GIGAZINE

パフェ、チョコ、チュロスがあなどれない、知られざる徳島スイーツの世界 - GIGAZINE

鳴門金時と和三盆を使った上品な甘味の和風クレープを提供している「ridente(リデンテ)」をグルメハント - GIGAZINE

73

in 試食,   アニメ, Posted by logc_nt