×
メモ

IE6とIE7が「Twitter for Websites」のサポート対象から外れることに


Twitterが、ウェブサイトにTwitterの機能を埋め込む「Twitter for Websites」において、5月13日をもってInternet Explorer6と7のサポートを打ち切ることを発表しました。

Deprecating IE6 and IE7 support in Twitter for Websites (TFW) | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/blog/tfw-ie6-ie7-support



「ツイートボタン」が導入された2010年当時、まだInternet Explorer 6はベースライン上にありましたが、3年が経ち旧式化したということで、Twitterは「Twitter for Websites(TFW)」のサポート対象からIE6とIE7を外すことを決定しました。サポート期間は2013年5月13日までとなります。

Twitter for Websitesは、ウェブサイト上でTwitterの機能を用いることができるサービス。フォローボタンの埋め込みやTwitterへの投稿を行えるツールとしては「@Anywhere」がありましたが、2012年12月6日をもってサービスの提供が終了し、TFWに一本化されていました。

Twitter for Websites | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/twitter-for-websites



開発チームによると、ありとあらゆる人がツイートできるようにしていくことを目標として作業を進めているものの、ウェブの技術というものは日進月歩で、古い技術はあっというまに旧式化し、一方で新しい技術は単純で小さく、そして速いコードを可能にしてくれます。そのため、いつまでも古いブラウザのサポートを続けていくわけにはいかないということで、打ち切りが決まったとのこと。

IE6で使えなくなるのはツイートボタン、フォローボタン、ツイートやタイムラインの埋め込み機能。スクリプト側で自動的に機能がオフにされるとのことで、埋め込みコードで表示されている内容はそのまま同じ場所に残るようです。ウィジェットでユーザからのアクションに反応するようなタイプのものも使えなくなります。

IE7ではウィジェットの表示などは問題なく行えるようですが、かなり機能は限定されることになります。

IE6や7といった旧バージョンのユーザーを新バージョンへ移行させるにはこういったメジャーなウェブサービスがサポートを打ち切るというのが一番効果的な気がしますね……。

・関連記事
Twitterで「RT1回ごとに140円寄付する」とツイートした結果200万円を寄付することに - GIGAZINE

Twitter本社の訪問者を写真付きでツイートするプロジェクト「Twisitor」 - GIGAZINE

Twitterのプロフィールが新デザインへ現地時間12月12日から全面移行、ヘッダー画像が未設定だと灰色に - GIGAZINE

Twitterが正式に過去の全ツイートのダウンロード機能提供開始、今すぐ実行して試す方法はこんな感じ - GIGAZINE

TwitterからのRSS取得が2013年3月5日で打ち切りへ - GIGAZINE

TwitterのAPI規制を回避できる公式クライアントのコンシューマーキー - GIGAZINE

超軽量Twitterクライアント「もふったー」コンシューマシークレットキー難読化最後の挑戦 - GIGAZINE

Twitterユーザー約25万人分のパスワード流出の危険あり、該当ユーザーは強制的にパスワードリセット済み - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by logc_nt