デザイン

無重力状態で浮遊するような感覚で全身リラックスできる「Gravity balans」


従来型のリラクニングチェアでは、背もたれにもたれることや、足を伸ばすことは可能でしたが、腰の位置というのは固定されたままでした。しかし、腰の位置まで動かすことができ、無重力状態でリラックスできる、今までにはないタイプの椅子が発売されています。

Gravity balans
http://www.varierfurniture.com/Collections/Relax/Gravity-balans-R/

Gravity balans


足の部分がかなり長い「Gravity balans」


ぐっと後ろによりかかることで、まるで無重力状態のようにふわふわと浮遊する感覚になり、短時間でも効果的な休息を取ることができます。


部屋に置いたときのイメージはこんな感じ。


複数の座位を取ることが可能、たとえば……


こんな感じ。普通に座ることも、軽くよりかかることも、足を心臓の位置よりも高く上げた姿勢も取ることができます。。


テレビを見る時には軽くよりかかり、楽な体勢でリラックスして座れます。


最大限に倒れて、ぐったりと休息中。


横を向いて寝る姿勢も取ることができます。


様々なパーツを選べるので、インテリアに合わせてのデザインも可能。


こんな感じにオーダーメイドができます。


大きさは高さが122cm、座面の高さは44cm、幅が73cm、奥行き(足パーツの長さ)は135cm。


価格はRoyal Furniture Collectionで税込33万750円。椅子に座っている時間が長い人、足腰に負担がかからない椅子を探している人などにオススメです。

・関連記事
有名オフィスチェアに座りまくれる大阪南港ショールームへ無料で行ってみた - GIGAZINE

怠惰な天体観測のできる椅子 - GIGAZINE

シュールなオフィスチェアで創作意欲が向上するかも - GIGAZINE

長~い行列も快適に待てる背もたれ付きのアウトドア用イスを実戦に投入、「ウルトラライトバックレストチェア」の実力を確かめてみた - GIGAZINE

スポーツカーのシートっぽいデザインのオフィスチェア「Blitz」に座ってみた - GIGAZINE

in デザイン,   メモ, Posted by darkhorse_log