オニオン500%増量、バーガーキングの「爆オニ」を食べに行ってみました


オニオンを通常の3倍に増量したハンバーガー「爆オニ300(税込み580円)」、そしてなんと5倍に増量してしまった「爆オニ500(税込み680円)」が3月8日よりバーガーキングにて期間限定で新発売されたので、食べに行ってきました。ミートパティなどハンバーガーのメインの具材を増量するキャンペーンはよくありますが、サブの具材であるオニオンを増量というのは一体どのような感じになってしまうのでしょうか?

キャンペーン|BURGER KING:バーガーキング
http://www.burgerkingjapan.co.jp/campaign/cp78.html

バーガーキングに到着。


店内には「爆オニ300」のポスターがありました。「爆オニ500」は右下に小さく表示。やはりバーガーキング的にも500%増量というのは注文されまくると困るのかも。


通常のハンバーガー、爆オニ300そして、爆オニ500を注文すると先にハンバーガーが到着しました。ハンバーガー以外は時間がかかるようなので、少し待機。


約4分後爆オニ300が到着。左にあるのが通常のバーガー、そして右の大きいのが爆オニ300。


爆オニ300から遅れること約2分で爆オニ500が到着。


ハンバーガー、爆オニ300、爆オニ500を並べてみました。左端にいるバーガーがミニチュアサイズまで縮んでいるかのように見えますが錯覚です。


開封して3つを並べると、爆オニ500の圧倒的な巨大さがよくわかります。左端のバーガーはマクドナルドからやってきたかのよう。


まずは爆オニ300から食べてみます。


パカッと開けてみます。


オニオンを三枚確認。


オニオンは少し焦げ目が付いていて一枚一枚しっかりとソースがついています。


一口食べてみても、オニオンには届きませんでした。しっかりとバンズを持っていないと、ソースで滑ってオニオンが奥に入ってしまいます。


二口目でオニオンを確認。


ついにオニオンに到達、少し甘めのテリヤキソースが肉といつもよりたっぷりのオニオンと絡まっていい感じ。オニオンは辛くなくとても甘く仕上がっています。


次に爆オニ500を食べてみます。


バンズをとってみると大量のオニオンが滑り落ちてしまうほどの盛り具合。


オニオンを積み直して横から見るとわかる圧倒的なオニオンの存在感。


持ってみるとずっしりと重く、オニオンがソースで滑りまくるため、とても片手では支えきることができないくらいのボリューム。


左手でパッケージをきつめにつかんで右側からこぼれ落ちそうになるオニオンを固定します。


ガブリッと大きめの一口でかぶりつくと一度でオニオンに到達しました。爆オニ500は肉やバンズの食感よりも凄まじい量のオニオンとテリヤキソースで口の中がいっぱいに。ハンバーガーとはとても言いがたい1品です。


ちなみにこちらは普通のハンバーガー。あまりにも貧弱に見えてしまいますが、爆オニ500の存在感が強すぎて相対的に弱まって見えているだけです。


そんなわけでなんとか完食。爆オニ300は大盛りのハンバーガーといった感じの量で問題なく食べれましたが、爆オニ500はオニオンがいつもの5倍になっているので、オニオンが好きで好きでたまらないというオニオンファンな人向け、それ以外の人は覚悟を決めて注文しましょう。

・関連記事
長さ2倍、重量は2.5倍の巨大なエビのパティを使った「はみだしエビバーガー」を食べてきました - GIGAZINE

日米のマクドナルドで購入できる最も大きいバーガーのサイズを比較してみた - GIGAZINE

ハワイで一番有名なハンバーガーショップ「クア・アイナ」で全トッピングを追加して超ド級サイズにしてみた - GIGAZINE

直径22cm・ピザ級ビッグサイズバーガー「PIZZA-SIZE Burger」試食レビュー - GIGAZINE

クォーターパウンダー26個分に相当するモンスターサイズのハンバーガー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log