すっぱい梅干しを凍らせると甘くなる新感覚デザート「アイス梅」


地球に優しい南高梅」や「黒酢黒糖漬梅干」など新しいスタイルの梅干しを販売している株式会社トノハタFOODEX JAPAN 2013で凍らせて食べる新感覚の梅干し、「アイス梅」を出品していました。梅干しは本来酸っぱい食べ物ですが、アイス梅はデザートっぽく塩分を控えて甘く仕上げているとのことで、早速試食してみました。

アイス梅は一晩冷凍庫で凍らせて、次の日に食べるとちょうどよくなるようにできています。


こちらは130gのパック入り、参考価格は298円。


塩分は一般市場で一番低い2.5%。


実際に会場で試食したアイス梅(袋入り)、参考価格は198円。


開封すると一つ一つ個包装されています。


食べてみると、シャリッとしたシャーベットに近い食感の後に、梅の果肉が口の中でじんわりと溶けていきます。酸っぱさはほとんど感じられず、甘さ8割・酸っぱさ2割といった感じ。


ギフト用のアイス梅は紀州南高梅を使用しており、高級感あるパッケージ。通販のみの販売となっていて、9個入り3150円です。


酸味を抑えているため、子供から大人まで楽しめる味に仕上がっており、梅干しが苦手という人でも大丈夫です。

・関連記事
「ガリガリ君リッチ」シリーズ最新作「ガリガリ君リッチあずき大福」試食レビュー - GIGAZINE

バニラアイスとコーヒーアイスの味と色のグラデーション、「パルム カフェモカ」を食べてみた - GIGAZINE

栗のつぶつぶ食感とまろやかな風味「明治エッセル スーパーカップ マロン」でアイスと一緒に秋の味覚を感じてみた - GIGAZINE

本格的な抹茶の味を凝縮した「PARM 抹茶」は余韻にも豊かな抹茶の風味 - GIGAZINE

塩によってバニラアイスの甘みが引き立てられた「パイの実〈バニラアイス〉」を食べてみた - GIGAZINE

アイスの「ガリガリ君」を入浴剤にした「ガリガリ君入浴剤 New Cool」全4種類をおふろで使うとこうなる - GIGAZINE

in 取材, Posted by darkhorse_log