ハードウェア

2.5インチHDD(7200rpmモデル)をSeagateが2013年末に生産終了


現在、世界のHDDメーカーといえばSeagateとWestern Digitalが2強でモバイル向けでは東芝が強く1.8インチモデルに関しては独占状態となっています。この二大巨頭の1つであるSeagateが、モバイル向けの2.5インチHDDのうち7200rpmモデルの生産を2013年末で終了する方針であることが明らかになりました。

Seagate to Cease Production of 7200rpm Mobile Hard Drives This Year - X-bit labs
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/20130228212108_Seagate_to_Cease_Production_of_7200rpm_Mobile_Hard_Drives_This_Year.html



これはSeagate Technologyのマーケティング&製品管理部門ディレクター、David BurksさんがX-bit labsに語ったもの。

従来、モバイル向けのストレージは2.5インチHDDが主流で、その中にあって7200rpmのモデルは高性能をウリとしてきました。しかし、2008年ごろからフラッシュメモリを用いた高速性と、物理的機構を持たないことによる省電力・静音性・耐衝撃性がウリのSSDが登場。さらにはSSDの速度とHDDの大容量というメリットを兼ね備えたSSHD(ソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブ)も登場してきました。

7200rpmのHDDは、5400rpmのものに比べれば高速なものの、SSDやSSHDと比べるとまだまだ低速で、また省電力の面からもSSDやSSHDがモバイル用途に採用される事例が多くなりました。このため、2013年末に生産を終了することに決定しました。

SeagateではSSHDへの移行を促していく方針です。しかし、今すぐにSeagateがモバイル向けの2.5インチHDD生産から撤退するというわけではなく、5400rpmのモデルについては今後も安価なノートPC向けのストレージとして生産を続けていくとのこと。

・関連記事
SSDの価格は2011年初頭に比べて平均46%下落し今後も順調に下がる傾向 - GIGAZINE

ハードディスク価格が2011年タイ洪水以前の水準に戻るのは2014年以降 - GIGAZINE

HDDの供給不足は2012年も続くという予想をSeagateが発表 - GIGAZINE

最大4TBのHDD新モデルをWestern Digitalがエンタープライズ向けに発売 - GIGAZINE

HDD内にヘリウム充填で容量が40%増加、HDD業界に構造的転換が到来か - GIGAZINE

ついにノートパソコンやPS3で使える1TBモデルのHDDを各社が発売 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logc_nt