試食

和風だしの香るすき家のカレーうどんっぽい「カレー南蛮牛丼」試食レビュー


すき家は牛丼だけでなくカレーにも力を入れているのですが、そんなすき家のカレーと牛丼を組み合わせた「カレー南蛮牛丼」が2月20日に発売されました。ただのカレーではなく、和風だしをきかせて、まるで「おそば屋さんのカレー」のような仕上がりになっているとのことなので、実際にすき家に行って食べてきました。

すき家の「カレー南蛮牛丼」新発売! 2月20日(水)朝9:00より | すき家
http://www.sukiya.jp/news/2013/02/130218.html

ということで、すき家に到着。


店内でカレー南蛮牛丼のポスターを発見。かつお昆布をベースに出汁と長ネギ、にんじん、油揚げを盛り込んだカレーを牛丼にかけたとのこと。


価格はミニサイズが350円、並が400円、中盛・大盛が500円、特盛600円、メガが730円です。


さっそく注文してみました。


とろみのあるカレーの下からは牛肉がチラリ。


見ると、カレーの下には牛肉がたっぷり入っていました。


牛肉と共に、油揚げや人参の姿も発見。


食べてみると、しっかりと和風だしの香りが感じられ、ただカレーと牛丼を組み合わせただけでなく、カレーうどんっぽいテイストのカレー牛丼であることがよくわかります。噛み締めると和風だしやカレーの味に続いて、牛丼本来の甘みある味付けも感じられました。


カレーはたっぷりかけてあるので、ご飯にもしっかり絡めていただけます。


牛丼に使われている玉ねぎのほかに、カレーには長ネギも使われており、なかなか具だくさんです。


カレー味ではあるのですが「ものすごく辛い」ということはなく、むしろ出汁の風味や甘さがしっかりしているので、サクサク食べ進めることが可能。お水もそんなに飲みませんでしたが、カレー自体が湯気が立つほど熱々だったため食べ終わった後は体がポカポカしてきました。


完食。カレーうどんを牛丼に応用させた和風テイストのため非常になじみ深い味で、胃袋もしっかり満たされ温かくなれる1品でした。

・関連記事
ルー4倍・ライス3倍の「カレーキング」を始めとするすき家「スパイシーカレー」全6サイズ食べ比べレビュー - GIGAZINE

生卵と大サイズの鶏そぼろでしっとり味、すき家「とりそぼろ丼」試食レビュー - GIGAZINE

肉が通常の6倍もある「牛丼キング」、極小サイズの「プチ牛丼」、その他含めてすき家牛丼シリーズ全8サイズを食べ比べてみた - GIGAZINE

わずか190円でたまごかけご飯定食が食べられご飯大盛りも無料サービス、すき家「朝食セット」を食べに行ってきました - GIGAZINE

バター+焦がし醤油で引き立つ具だくさんのきのこ、すき家「3種のきのこ牛丼」試食レビュー - GIGAZINE

何にでもマヨネーズをかけるマヨラー用の牛丼「高菜明太マヨ・キムマヨ・ねぎマヨ」をすき家に食べに行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa