「iesys.exe」遠隔操作ウイルス事件で警視庁が都内の男を逮捕へ


2012年10月から世間を騒がせていた「iesys.exe」を使ったPCの遠隔操作事件で、警視庁が威力業務妨害容疑で東京都江東区に住む男(30)の逮捕状を取ったことが明らかになりました。2月10日中に任意同行を求め、容疑が固まり次第、逮捕する方針だとのこと。

この事件の犯人には警察庁から300万円の報奨金がかかっていました。

遠隔操作ウイルス 都内の30歳男に逮捕状 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130210/t10015420371000.html



FNNニュース: PC遠隔操作事件 警視庁、東京・江東区の30代の男に逮捕状
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00240258.html



PC遠隔操作、30歳男に逮捕状 威力業務妨害容疑 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013021001001231.html



遠隔操作ウイルス事件の経緯 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130210/k10015420591000.html



この事件は「PCから犯行予告を行った」として4人の男性が逮捕され、そのうち1人のPCに遠隔操作ウイルスが仕掛けられていたことから明らかになったもの。このとき、警察は遠隔操作ウイルスのせいだと判明する前に「自分でやっていないことを、証明してみろ。無罪を証明してみろ」と自白を強要し、事件とはまったく無関係な人に自白させる形で一度は事件を“解決”していました。

一方、事件の犯人はこれが自分の作ったウイルスによるものであることをわざわざ報道機関や専門家らにメールするなどして、まるで警察を挑発するような態度を取っていました。

その流れの中で、警察に「江の島にいる猫の首輪にウイルスのプログラムを入れたmicroSDカードを入れた」という連絡がありました。調べたところ、実際に首輪からmicroSDカードが見つかり、猫がいたところの近くに防犯カメラがあったことから警察が映像解析を進めたところ、猫に近づく不審人物を発見。その他の防犯カメラの映像なども合わせて、江東区の男(30)に対象を絞り込み、今回、威力業務妨害容疑で逮捕状を取った、というわけです。

2013/02/10 10:38追記
犯人の名前や写真が以下のように報道され始めています。

PC遠隔操作:都内の30歳男を逮捕…威力業務妨害容疑- 毎日jp(毎日新聞)

遠隔操作ウイルスなどに感染したパソコン(PC)などから犯罪予告が送られた事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江東区の職業不詳、片山祐輔容疑者(30)が一部の事件に関与した疑いが強まったとして威力業務妨害容疑で逮捕した。一連の事件では4人が誤認逮捕され、「真犯人」を名乗る人物が計13件の事件への関与を明かしたメールを送りつけていた。合同捜査本部は片山容疑者が真犯人とみて追及し、事件の全容解明を目指す。


【なりすましウイルス】逮捕の30歳男、平成17年にも逮捕 大手レコード会社社長らの殺害予告容疑 - MSN産経ニュース

捜査関係者によると、片山容疑者はネット掲示板「2ちゃんねる」に仙台市の女児の殺害予告を書き込んだとして、宮城県警に17年10月に脅迫容疑で逮捕。同様に大手レコード会社社長に対しても殺害予告などをしたとして、警視庁に同年11月に再逮捕されるなどしていた。


この大手レコード会社社長に対する殺害予告というのはどうやら「のまネコ使用中止求め殺害予告、専門学校生を再逮捕」という事件のことではないか?と以下では触れられています。

【片山祐輔】 遠隔操作事件で逮捕されたのは、「のまねこ事件」で逮捕された片山ゆうすけ(旧名・丑田祐輔) 警察への復讐が動機か? コミケの殺人予告で威力業務妨害に! ニュー速VIP底辺。・゚・(ノД`)・゚・。

のまネコ使用中止求め殺害予告、専門学校生を再逮捕
インターネット掲示板「2ちゃんねる」に
大手レコード会社「エイベックス」(東京)の社員の殺害を予告する文章を書き込んだとして、警視庁捜査1課は2006年11月22日、
東京都江東区白河4、専門学校生丑田祐輔被告(23)(別の脅迫事件で起訴)
を強要未遂容疑で再逮捕した。


調べによると、丑田被告は同社の発売曲「恋のマイアヒ」の宣伝に使われたキャラクター「のまネコ」が、
2ちゃんねる利用者が自由に使っているキャラクター「モナー」に似ていることに反発。
9月30日未明、2ちゃんねるに「のまネコの使用を即日中止せよ。さもないと社員を刃物で殺害する」などと書き込み、のまネコの使用中止などを迫った疑い。


調べに対し、丑田被告は「書き込みが盛り上がるのが楽しかった」などと供述しているという。


丑田被告は9月中旬、2ちゃんねるに仙台市の小学4年の女児の殺害予告を書き込んだとして、宮城県警に10月19日、脅迫容疑で逮捕され、同罪で起訴されていた。

(2005年11月22日18時42分 読売新聞)


丑田から片山に改名したっぽい

・関連記事
「自分でやっていないことを、証明してみろ。無罪を証明してみろ」、iesys.exeの遠隔操作ウイルス事件で警察が何を言って自白強要したか判明 - GIGAZINE

iesys.exe遠隔操作事件の犯人についての情報に警察庁が300万円の報奨金 - GIGAZINE

「iesys.exe」の作者であり遠隔操作事件の真犯人からのメール全文が公開中、最大の問題点は何か? - GIGAZINE

掲示板のスレッド経由の遠隔操作で犯罪予告を行う「iesys.exe」の正体まとめ - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt