アクセル・ワールド「黒雪姫」の完成度がやたら高い


作品自体の持つイメージをいかにしてうまく立体化したときでも維持できているのかというのも原型師の腕の見せ所の一つですが、さらに消化させて高い完成度を誇っているのがワンフェス2013[冬]のグッドスマイルカンパニーブースに展示してありました。

まずはこれ、発売時期未定・価格未定のアクセル・ワールド「黒雪姫」、1/8スケールで原型師は爆殺シューター


次はコレ、同じく発売時期未定・価格未定のアクセル・ワールド「黒雪姫」、1/7スケールで原型師はYOSHI


原作の「アクセル・ワールド 6 浄火の神子」の表紙デザインを立体化


いずれも見て分かるとおり、非常にハイレベル。お値段も同じようにしてハイレベルな予感がします。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2013[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

昨日のごはんの残りをリアルに再現しすぎてしまった感が否めない「TARITARI 昨日の残り丼」&「加速世界丼(アクセル・ワール丼)」試食レビュー - GIGAZINE

急加速やアクセルターンを決めるボルボエンジン搭載トラクター「Terror」 - GIGAZINE

人気ラノベ25作品のパネルを一挙に展示、「ライトノベルパネル展 応援コメントつぶやいて!」 - GIGAZINE

子どもが乗った三輪車が坂道で加速、暴走してえらいことに - GIGAZINE

カーネル・サンダースをスーツ姿からエプロン姿に変えたKFCの加速する国際戦略 - GIGAZINE

45

in 取材, Posted by darkhorse