Wi-Fiストレージ・モバイルバッテリー・USBカードリーダーの1台3役をこなす「ポータブルワイヤレスサーバー」がソニーから9000円前後で登場


2013年4月1日(月)より予約開始予定で4月30日から発売開始、市場推定価格が9000円前後のポータブルワイヤレスサーバー「WG-C10」がソニーから発表されました。

Wi-Fi対応ストレージ(無線LAN経由で複数台から同時接続可能)として様々な使い方が可能であり、給電機能搭載、最大10時間の連続再生が可能で、スマートフォン・タブレットなどから専用アプリを使って簡単操作ができ、小型で携帯に便利なようになっています。

Wi-Fi接続でファイルを再生、保存でき、携帯に便利な「ポータブルワイヤレスサーバー」 | プレスリリース | ソニー
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201301/13-0131/

ポータブルワイヤレスサーバー 『WG-C10』 - YouTube


大きさは約50x105x18.5mm(幅/高さ/奥行き)、重さは約135g。無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応。


左側面にメモリースティックとSDカード用のスロット


ポート部分はUSB 2.0 Aポート (Hi-Speed USB)とUSB 2.0 microBポート (Hi-Speed USB)


付属のUSBケーブル(約25cm)を専用ホルダーにはめこむと、持ち歩き用のストラップに早変わり


メインの使い方としては、メモリーカードスロットにSDカード・メモリースティックを差し込み、スマートフォン・タブレット・PCなどからWi-Fi接続後、メモリーカード内の写真や動画・音楽・資料などの各種ファイルを再生&各機器への保存をする、というもの。


速攻でSNSにアップロード、ということも可能


それ以外にも外部ストレージ・Wi-Fiカードリーダーライターとしても使用可能で、USBホスト機能も搭載、同時に最大8台からWi-Fi経由で接続が可能となっています。


ワイヤレスでスマホ内のファイルをメモリーカードにコピー


さらに特筆すべきは給電機能の存在で、外出先でモバイル機器のバッテリー残量が少なくなった際の予備電源としても使うことができ、2210mAhの高容量リチウムイオン電池を搭載、バッテリー表示ランプがあるので電池残量を確認することのも簡単です。

・関連記事
無料で容量無制限のクラウドフォトストレージ「Circ」を使ってみた - GIGAZINE

無料でPCをオンラインストレージ化できる「TONIDO」がとても簡単に使えることがわかるレビュー - GIGAZINE

月額1GBあたり1円以下で上限無制限に利用可能なオンラインストレージ「Amazon Glacier」 - GIGAZINE

無料で5GB、月額500円で無制限に利用可能なクラウドストレージ「Pogoplug Cloud」が日本でサービス開始 - GIGAZINE

遠隔地のHDD内のデータを自動同期、クラウドストレージより高速に使用可能な「トランスポーター」とは? - GIGAZINE

94

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse