GPSナビの誘導ミスでわずか60kmのドライブの予定が1450kmの大旅行に

By plantronicsgermany

友人を迎えに行くために38マイル(約61km)先の目的地をGPSナビでセットしたところ、予定の20倍以上の距離を走らされてしまったという事件がベルギーで起きました。

Oma volgt gps naar Brussel en stopt pas in Kroatië - Het Nieuwsblad
http://www.nieuwsblad.be/article/detail.aspx?articleid=DMF20130112_00431308



GPS failure leaves Belgian woman in Zagreb two days later - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/belgium/9798779/GPS-failure-leaves-Belgian-woman-in-Zagreb-two-days-later.html



Belgian woman ends up in Zagreb after GPS failure | New Europe
http://www.neurope.eu/article/belgian-woman-ends-zagreb-after-gps-failure



車を運転していたのはベルギーのエノー州エルクリンヌ近郊、ソール=シュル=サンブルに住んでいるサビーヌ・モローさん(67)。ブリュッセルで待っている友達を迎えに行くために、GPSナビをセットして出かけました。

何事もなければ、モローさんの家からブリュッセルまでは38マイル(約61km)でしたが、いつまで経ってもモローさんが帰ってこないために息子が警察に連絡し、事件が発覚しました。

モローさんの息子によると、家の捜索を終えた警察が全国的な捜索を開始しようとする直前にモローさんから電話が入ったとのこと。行方不明になってから2日後のことで、モローさんはクロアチアの首都ザグレブにたどり着いていました。

本来モローさんが走る予定だったルートを想定したもの。ソール=シュル=サンブルからブリュッセル駅までで距離は72.2km、かかる時間は1時間。

大きな地図で見る

間違った道を走っているあいだ疑いを持たなかったモローさんは「気もそぞろだったから、とにかくアクセルを踏み込みました」と語っています。

この旅の途上、モローさんは2度の給油を行っており、小さな交通事故も起こし、車の横で数時間の仮眠を取っています。それでもまったく間違いだと思わなかったモローさん、「いきなりザグレブに着いてようやく自分がベルギーにいるのではないということに気づきました」とのことで、数カ国を越える旅の末に無事が確認されました。

モローさんが実際に走ったであろうルートを辿ったものはこちら。その距離は1317kmで、かかる時間は12時間。有料道路・高速道路を使わずに行くと22時間近くかかるようです。モローさんは自分で車を運転して、ルクセンブルクを経由して帰ったとのこと。

大きな地図で見る

ちなみに、モローさんがGPSナビのせいで行方不明になったのはこれが2度目だそうです。

日本国内ではカーナビの誘導ミスによる大事故よりもカーナビを操作していたせいで起きた事故の方が多くニュースになっていますが、2012年3月にはオーストラリアで日本人観光客がGPSナビに従って走行していたら海に入ってしまったという事故が発生、8月にはアラスカ州でフェリーから降りた車がナビに従って海に落ちたという事故も起きており、あまりナビを過信しすぎるのも考え物のようです。

・関連記事
カーナビのようにNexus 7は使えるのか実際に車を走らせて試してみました - GIGAZINE

カーナビの地図が古くて困ったことがある人は7割、地図の更新経験がある人は3割 - GIGAZINE

バーで盗まれた母親のスマートフォンを12歳の少年がGPSで発見 - GIGAZINE

韓国、性犯罪者にGPSを内蔵した「足輪」を10年間装着へ - GIGAZINE

85

in メモ, Posted by logc_nt