メモ

コミケ83の2日目閉会間際に「黒子のバスケ」便乗犯が発生していたことが判明


3日間で55万人となって冬コミ最高の人出となり、特に3日目は21万人で過去最高となったコミックマーケット83ですが、「コミックマーケット83終了にあたってのお礼とお知らせ」というお知らせが本日12月31日付けで公開され、その中で実は2日目に「黒子のバスケ」便乗犯が発生していたことが明かされています。

コミックマーケット83終了にあたってのお礼とお知らせ
http://www.comiket.co.jp/info-a/C83/C83Notice3.html


該当箇所は以下の部分です。

 残念ながら、脅迫事件は未だ解決に至っていません。加えて今回のコミケット83においても、便乗犯と思われる行為が確認されました。具体的には、2日目閉会間際に『黒子のバスケ』が配置されるはずだったブロックにおいて、3通の脅迫文が発見されました。これにより、準備会は会場・警察等の関係諸機関と協力の上、最大限の警戒態勢を敷きました。この時、開催を止めずにご協力いただいた関係者の皆さんにも、改めて深くお礼申し上げます。
 これ以上脅迫に屈することは模倣犯・便乗犯を誘発することになりかねません。そのことを胸に、関係者の努力で開催されたコミケット83だったと思います。


今後も同様の脅迫が続く場合どうなるのかという件に関しては、「この脅迫が続く限り、『黒子のバスケ』に限らず今後の表現に関わるイベントが暴力によって制限を受ける事態が予測されます。我々は、一丸となって表現の自由を守り、積み上げられた文化を守る一翼を担うため、最善を尽くすという気持ちを新たにしました」と触れられています。

なお、当日の本来であれば「黒子のバスケ」関連サークルが並ぶはずだった場所は以下のようになっていたようです。

Twitter / ruushu: 搬入物ほぼゼロ。かなしいことだね。黒子島


Twitter / Calcijp: 本のないサークルスペース。この光景は忘れない。


CM83、黒子エリア。酷いモンだ……視界に入った時少し涙出た。全ての表現者はこれを明日は我が身と思わねば。 |星崎連維(れん)の投稿画像

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「黒子のバスケ」脅迫事件でコミケなどに続いてコミックシティ大阪もサークル参加見合わせへ、これまでの脅迫まとめ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.