身長158cm体重50kg、人間の骨格や筋肉を再現したヒューマノイド「腱志郎」の動くムービー


人間の筋肉や骨格を模倣することは非常に難しいのですが、東京大学の情報システム工学研究室はモーターと滑車を組み合わせることで「人体模倣筋骨格ヒューマノイド 腱志郎」という人間そっくりの動きをするヒューマノイドを開発しているとのこと。まるで生きているように滑らかに動く様子をムービーで見ることができます。

Robot Copies Your Muscles and Bones - YouTube


肩の部分の動きは、まだ少しぎこちなくはありますが、人間っぽい感じ。なお、この腱志郎は前身の2007年開発の小次郎と2010年開発の腱臓に続くモデルで、腱臓により多くの筋肉部やモーター加えて改良してあるとのことです。


腕の部分がつくと、肩の部分がどのように動くのかがよくわかります。


腕の部分も動き、各関節が稼働して複雑な動きも可能のようで、まるで生きていいるようです。


腕だけでは無く脚も可動します。


小次郎と比べると5倍のパワー出力が可能で、このように脚を持ち上げることもできるのが腱志郎の特徴。


逆方向にもこの通り。


筋肉がしなって動くように、腱志郎の脚も複雑な動きが可能。


脊柱などを含む上半身部の動きも滑らかです。骨格はアルミ製。また背骨は人体と同じく複数の関節を持ち、肋骨や骨盤なども再現。この腱志郎は人間のほとんどの主要な筋肉を反映しており、脚に50、幹に76、肩に12、首に22で合計160もの筋肉に似せた滑車が使用されているとのこと。


左右だけでなく、上下や体を回したりとバランスを崩すことなく動きます。


まだ少しぎこちなくはありますが、歩くことも可能です。


脚の付け根の部分も稼働し、大きく開閉させているところ。なお、この腱志郎は身長158センチ、体重50kgの12歳の平均的な日本人男性を模しているとのことです。


中でも非常に滑らかな動きをしていたのが、このひざの部分。屈伸運動もこなし、割と速い動きでも全くバランスを崩しません。


先代の腱臓では上半身部分だけで45kgあり、全体では100kgを超える重量になっていたとのこと。小さなロボットとしては重すぎるので、人間と同じ重量配分比を実現しようとデザインした結果がこの58kgの腱志郎となったそうです。また、重量だけでなく筋肉のトルクや関節の動くスピードまでも人間を模倣するように設計されています。


ターミネーターのような人間と全く見分けがつかないヒューマノイドが開発されるのも近いかも知れません。

・関連記事
あのリアル過ぎる軍用四足歩行ロボット「LS3」が音声認識によって指示を理解するように - GIGAZINE

女性型ロボット「エマ(E.M.A)」が情熱的にキスしてくれる様子のムービー - GIGAZINE

身長158cm、体重43kg、日本人女性の平均値を参考にして作ったリアルなロボット「HRP-4C」が実際に動いている様子のムービー - GIGAZINE

人が乗れる巨大ロボ「クラタス」を作った倉田光吾郎らに迫るドキュメンタリーがYouTubeで公開中 - GIGAZINE

人の声や表情をお手本により自然に歌えるようになった美少女ロボ「未夢」が初音ミクの声で歌うムービー - GIGAZINE

64

in サイエンス,  動画, Posted by darkhorse_log