ハンバーガー無料券をゲットするため、マクドナルド60秒サービスにチャレンジしに行ってみました


会計終了後から商品が渡されるまでの時間を砂時計(ドライブスルーはタイマー)で計測し、60秒を超えて商品を渡してしまった場合、「ビッグマック」などのハンバーガー類と交換できる無料券がもらえるというキャンペーンが2013年1月4日(金)より行われます。このキャンペーンを先行実施している店舗があるので、「常識的に考えて60秒以内とか無理だろ、これは無料券をゲットできるはず!」ということで、実際にお店に行ってみることにしました。

“唯一無二のおいしさ”を今味わおう!「ビッグマックキャンペーン」2013年1月4日(金)より
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2012/promotion/promo1220.html

先行実施しているマクドナルド御堂筋周防町店に到着すると、マクドナルドの関係者たちがキャンペーンを呼びかけていました。


先着100名にオリジナルTシャツがもらえるとのことで……


なぜかゲット。キャンペーンは11時開始で、ほぼ開始直後だったのでまだあったようです。


なお、Tシャツはこんな感じ。


平日のお昼前ということもあってか、まだ列ができるほどではありませんでした。


では、早速注文してみます。会計を終了した後から60秒のカウントがスタート。


店員の人たちの人数はいつもより多いようで、しかも店員間の連携がすさまじくスムーズ。


あっという間に商品が届きました。


実際にどれくらいのスピードなのかは以下のムービーでチェックしてみてください。

マクドナルドのオペレーションがすさまじく速い様子 - YouTube


セットメニューならば約20秒ほどという早さです。見て分かるように、連携がすさまじくスムーズで、あっと言う間に商品が揃ってしまいます。店員に聞いたところ、11時30分の段階ではまだ1人も無料券をゲットした人はいないとのこと。

ハンバーガーの無料券はゲットできませんでしたが、60秒以内にコンプリートした場合には、ある意味で残念賞的なプレミアムローストコーヒーの無料券がもらえます。


レジの前にも後ろにも店員がスタンバイしており、さらには店の奥にも多くの店員がいつでも動けるように構えているのがわかります。なんということでしょう。


どんな注文もものすごいスピードでさばかれていきます。ちょっとこれではゲットするのは難しそう……。


なお、ハンバーガー無料券を見せてもらったところこんな感じ。ビッグマックなど好きなバーガー類(クォーターパウンダー系・メガマック・テキサスバーガー除く)がもらえるようです。


つまり、来年1月4日(金)から1月31日(木)までの間、マクドナルドはブーストモードに突入して加速しまくるわけです。おそるべしマクドナルド、本当にどの店舗もこんな感じで実行できるのか、要注目です。

・関連記事
無料券がマクドナルドのどのメニューでも60秒以上かかった場合はゲット可能に&ビッグマックが成人の日は無料 - GIGAZINE

無料で配布されるバーガーキングの「塩バーガー」を食べにいってみました - GIGAZINE

生まれ変わったエビバーガーを最大4人まで無料になる「エビとも割」をフル活用して食べてみた - GIGAZINE

マクドナルドでハンバーガーをズボンの中に隠し、もう1品要求した女が逮捕される - GIGAZINE

「プレミアムローストコーヒー」が無料で飲めるキャンペーン、ついに全国に拡大 - GIGAZINE

マクドナルドの実物とかけ離れた商品写真の撮影手順を詳細にレポートしたムービー - GIGAZINE

152

in 試食,  動画, Posted by darkhorse_log