Twitterが正式に過去の全ツイートのダウンロード機能提供開始、今すぐ実行して試す方法はこんな感じ


2012年7月にTwitterのCEOが「過去のツイートをすべて見られるように作業中だ」ということを明かし、ついに本日正式にその機能が提供開始されました。設定画面の「国」の直下に新しくダウンロードボタンが加わる感じです。

Twitter Blog: Your Twitter archive
http://blog.twitter.com/2012/12/your-twitter-archive.html

Twitterブログ: 自分のすべてのツイートをダウンロードできるようにしました
http://blog.jp.twitter.com/2012/12/blog-post_20.html

公式ブログによると、まずは英語圏のユーザーから開始され、今後数週間から数ヶ月かけてほかの言語圏のユーザーも利用できるようになるとのこと。逆に言えば、英語圏のユーザーでなくても、設定から「English」に変更すれば過去の全ツイート履歴をダウンロードすることができ、その際の手順は以下のようになります。

右上の歯車アイコンをクリックして「設定」をクリック


「言語設定」から「英語 - English」を選択


一番下の「変更を保存」をクリック


パスワードを入力し、「変更を保存」をクリック


すると設定画面の一番下に「Request your archive」というボタンができるのでクリック


「Close」をクリックしてしばらく待ちます


Twitterに登録している自分のメールアドレス宛に件名が「Your Twitter download is ready, ○○!」(○○は自分のユーザー名)、差出人は「△△@postmaster.twitter.com」というHTMLメールが届くので、開いて「Go now」ボタンをクリック


「Download」ボタンをクリック


するとこのような「tweets.zip」というZIPファイルがダウンロードされるので、Explzhなどの解凍ソフトを使うなどして中を見ます


中はこのようになっており、「index.html」をクリックすれば閲覧が可能


このような感じになっており、ハッシュタグなどでの検索や年度別・月別のアーカイブに飛ぶためのタイムラインが右側には用意されています。ちゃんと日本語も化けずに表示可能でした。ただし、「data」フォルダーの中にあるCSV形式の全データについては、現時点では日本語は全て文字化けしていました。


ダウンロードが終わったら設定画面の「Language」から「Japanese - 日本語」を選び、同じような手順で設定を保存すれば元通りになります


そして元の日本語圏表示に戻しても、このようにしてダウンロード機能は有効なままです


所有するアカウントのうちいくつかで試したのですが、どうやらツイート数に関係なく、いつアカウントを作ったのかという順番で反映されているらしく、手元にある最も新しいアカウントでは上記のように全ツイートのダウンロードが言語の変更で可能となっていたものの、その他の古いアカウントでは英語圏に切り替えてもまだダウンロードボタンは出現しませんでした。

なお、このダウンロード機能は開発者向けにも提供されており、JSONによるエクスポート機能がTwitter API 1.1を使えば可能となっています。

・関連記事
自分のTwitter上での全ツイートをバックアップできるフリーソフト「TwitterBackup」 - GIGAZINE

無料でTwitter・Facebook・Evernoteなどのファイルをまとめてダウンロードしてバックアップ&フォルダーのように管理できる「SocialFolders」 - GIGAZINE

Twitterのパスワードを抜き出すフリーソフト「TwitterPasswordDecryptor」 - GIGAZINE

ツイッターでつぶやくとGoogleマップ上に位置情報が表示される「TwitterMap」 - GIGAZINE

Twitter廃人度に応じて計算された月額利用料金とプランを教えてくれる「Twitter利用料金チェッカー」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse