メモ

「黒子のバスケ」脅迫事件でコミケなどに続いてコミックシティ大阪もサークル参加見合わせへ、これまでの脅迫まとめ


「会場であるインテックス大阪の強い要請により、『黒子のバスケ』サークルの皆様には、1月6日開催「コミックシティ大阪92」へのサークル参加を見合わせていただくことになりました」ということで、今度はコミックシティ大阪92でもサークル参加見合わせと頒布自粛が告知されています。

1月6日開催「コミックシティ大阪92」における『黒子のバスケ』サークル参加見合わせと頒布自粛のお願い
http://www.akaboo.jp/event/0106osaka92_notice.html

「黒子のバスケ」系の中止が相次ぐようになった発端は2012年10月12日に上智大にて「気化すれば致死量を大幅に上回る硫化水素を発生した可能性が高い」ものが脅迫状とともに送付されてきたため。ネット上の犯行予告書き込みと違って、現実世界の郵送では匿名性が非常に高く、指紋が検出されたとしても過去に犯罪を行っていなければ特定することもできず、以下のようにして続々と関連イベントが自粛や中止を発表していくことに。


まず10月31日に発表されたのがナムコ・ナンジャタウン。イベントが早期終了しています。

NAMCO - Google+ - 「黒子のバスケ produced by ナムコ・ナンジャタウン」 イベント早期終了のお知らせ …
https://plus.google.com/110017368500171232279/posts/SvKfYigV5Az

「黒子のバスケ produced by ナムコ・ナンジャタウン」
イベント早期終了のお知らせ

諸事情により「黒子のバスケ produced by ナムコ・ナンジャタウン」は2012年11月2日(金)をもって終了させていただきます。
誠に勝手ではございますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

次は大阪で、なんと大阪の住之江から脅迫状が届き、しかも犯人が開催地を下見していたことが判明しており、警察とインテックス大阪から中止の申し入れを受けています。

◆11月21日
緊急連絡 イベント中止・開催日変更のお知らせ|スタジオYOU

http://www.youyou.co.jp/caution/trickster/20121118.html

しかしながら、ほとんどの方がご存じとは存じますが、先般から続いております「黒子のバスケ脅迫」事件で、新たに脅迫状の一部が、大阪市内の会場近くからから投函されていたことが判明いたし、アニメを放送した大阪・毎日放送(MBS)などにも脅迫状が届いたことが11月1日発表になりました。

このような事態を受け、イベント会場であるインテックス大阪を通して、住之江警察署よりイベント中止の申し入れがあることを伝えられました。

しかし、脅迫状の投函が住之江管内からであること、犯人と思われる人物による開催地の下見があったことなど、関西での状況が判明するとともに深刻化していき、11月5日住之江警察署で三者間の協議中に警察から、イベント開催中止の申し入れを再度受けました。

さらに同日、東京流通センターのイベントも中止されることが発表され、こちらではなんと大田区内から脅迫状が投函されており、しかも近隣の店舗へも届いているため、結果的に中止となっています。

◆11月21日
「Shadow Trickster クリスマススペシャル」「Shadow Trickster 4」イベント中止のお知らせ|スタジオYOU

http://www.youyou.co.jp/caution/trickster/20121224a1.html

しかしながら、ほとんどの方がご存じとは存じますが、先般から続いております「黒子のバスケ脅迫」事件の影響を受け、11月14日から16日の間に大田区内の会場近くから、新たな脅迫状が投函され、【Shadow Trickster クリスマススペシャル】【Shadow Trickster 4】の会場である東京流通センター(TRC)内のいくつかの店舗へも届いていたことが判明しました。

しかしながら、会場内の店舗への脅迫があったこと、脅迫状の投函が大田区内からであることなどから、被害が拡大してきているとともに事態が深刻化してきており、安全対策上の問題からイベント会場である東京流通センター(TRC)と協議をした結果、イベント開催を中止することと決定いたしました。

次は名古屋で、このときも会場近くから新たな脅迫状が投函され、しかも「脅迫内容がより過激なもの」になっており、イベント会場であるポートメッセなごやから中止の申し入れがあったとのこと。

◆11月22日
【コミックライブin名古屋 ウィンタースペシャル2012】【千夜一夜Nagoya2】【恐惶謹言 尾張参】【Shadow Trickster 名古屋1.5】イベント中止・開催日変更のお知らせ|スタジオYOU

http://www.youyou.co.jp/caution/trickster/20121216.html

私たちは直前までイベント開催に向け、【Shadow Trickster 名古屋1.5】の会場であるポートメッセなごやとの協議を重ね、手荷物検査の実施、警備の強化など、よりいっそう皆様の安全を守るための対策を行なって参りました。
しかしながら、会場近くから新たな脅迫状が投函され、ポートメッセなごやを始め、近隣施設へも届いていたことが11月21日に判明しました。

また、会場近くから投函された脅迫状が会場周辺施設へも届き、脅迫内容がより過激なものとなっており、被害が拡大してきているとともに事態がさらに深刻なものへと変化してきており、安全対策上の問題からイベント会場であるポートメッセなごやから中止の申し入れを受けました。

さらに同日11月22日に集英社が主催する「ジャンプフェスタ2013」でもスーパーステージなど中止のおしらせが告知されており、このときは幕張メッセに脅迫状が届いています。

『黒子のバスケ』スーパーステージ等中止のお知らせ(ジャンプフェスタ2013関連)
http://www.jumpfesta.com/20121122.html

2012年12月22日(土)・23日(日)に開催される「ジャンプフェスタ2013」(主催/集英社)におきまして、実施を予定していた『黒子のバスケ』スーパーステージおよび関連イベント・展示・関連商品の販売をすべて中止することにいたしました。

「ジャンプフェスタ2013」の『黒子のバスケ』に関連するステージ・出展・物販の中止を求める脅迫状が、会場である千葉県・幕張メッセに届きました。

次は福岡で、会場だけでなく近隣施設・飲食店・公共施設・専門学校・区役所など11箇所に「新たな脅迫状」が届き、博多スターレーンから開催を控えて欲しいという申し入れを受けています。

◆11月30日
【Shadow Trickster福岡】の中止と【福岡青春カップ7】のみ開催のお知らせ|スタジオYOU

http://www.youyou.co.jp/caution/trickster/20121224fukuoka.html

しかしながら、皆様ご存じでいらっしゃるかと存じますが、先般から続いております「黒子のバスケ脅迫」事件の影響を受け、福岡県警の発表により11月27日から28日にかけて博多スターレーンを始め、福岡国際会議場、博多区内の飲食店、同区内の公共施設や専門学校、博多区役所など計11カ所に新たな脅迫状が届いていたことが判明しました。

しかしながら、28日以降状況も深刻となり、会場から、博多スターレーンはサービス業をなりわいとしている商業施設でもあるため、開催を控えてほしいとの申し入れがあり、そのことを考慮した結果、苦渋の選択ではありますが、【Shadow Trickster 福岡】の開催を中止することに決定いたしました。

ここまで見ただけでも段々とエスカレートしており、ついにコミックマーケットにまで脅迫状が届いていたことが発覚、開催を見合わせるかサークル参加を見合わせるかの二者択一に追い込まれています。

◆12月8日
コミックマーケット83における『黒子のバスケ』サークル・頒布物対応に関する緊急のお知らせ

http://www.comiket.co.jp/info-a/C83/C83Notice1.html

 10月29日に、準備会宛にも「『黒子のバスケ』のサークルをコミックマーケット83に参加させない」ことを要求する脅迫状が届いたことを受け、2008年夏のコミックマーケット74の脅迫対応と同様に、警備強化と一般参加者の皆さんへの手荷物確認を実施することで、会場及び参加者の安全を確保する方向で、会場・警察とは調整を行いました。

 しかしながら、11月21日に他主催による『黒子のバスケ』オンリー同人誌即売会の中止、11月22日に「ジャンプフェスタ」における『黒子のバスケ』関連イベントの中止が発表される事態を受けて、会場より、犯人が捕まるまでコミケットの開催を見合わせるか、あるいは、『黒子のバスケ』サークルに参加を見合わせてもらった上で開催するよう、1996年からの会場利用においても、前例のない非常に強い要請を受けることになりました。また、警察からも、『黒子のバスケ』サークルの参加見合わせとコミックマーケット83における『黒子のバスケ』の同人誌・グッズ等の頒布を中止するよう、非常に強い要請を受けております。

 会場・警察側との協議の席上においては、

1) 一連の脅迫の中で、脅迫状が様々な場所・団体に送付され、状況のレベルがエスカレートしており、コミケットと会場側だけの問題に留まらなくなっていること
2) 他の脅迫において、会場付近から脅迫状が投函されており、単なる脅迫には終わらない可能性があること
3) 同人誌即売会以外の会場貸し出しに支障が一部発生しはじめていること
4) 万が一の事件発生時に参加者の混乱、近隣住民・周辺企業への危険が懸念され、さらにその後の会場での他の催事の開催にも影響を及ぼしかねないこと
5) 当日『黒子のバスケ』の同人誌・グッズ等の頒布が行われた場合、犯人を刺激する可能性が高いこと

等が問題点として取り上げられました。

 準備会としては、これらの懸念は理解できるものの、『黒子のバスケ』サークルの参加見あわせという、卑劣な要求に屈する悪しき前例を残さないため、一層の警備強化等の対応策を講じた上での通常通りの開催を強く求めましたが、会場・警察の安全な開催への懸念はとても強く、会場からは安全最優先の見地から、事実上、今後のコミケットへの会場利用の調整が非常に厳しくなる可能性を示唆されるに至ったため、表現の場を確保するため、誠に断腸の思いながら、冒頭の決断をすることになりました。

そしてさらに本日、12月18日に以下のような事態になった、というわけです。

◆12月18日
1月6日開催「コミックシティ大阪92」における『黒子のバスケ』サークル参加見合わせと頒布自粛のお願い

http://www.akaboo.jp/event/0106osaka92_notice.html

その後、12月11日に初めて、会場から強い自粛要請の連絡を受けたため、急遽12月14日に会場・警察との緊急協議を実施しました。協議の席上では、参加者の皆様の安全を確保した上での「全サークル参加による開催」を強く要請し、特別警備計画についても現地警察のご理解をいただいておりました。
しかしながら、本日18日正午、会場より再び連絡があり「黒子のバスケサークル不参加での開催」を重ねて要請されました。こちらも厳重な警備体制のもと、全サークル参加での開催を強く主張しましたが、このままでは会場の使用を承認できないという強硬な姿勢は揺るがず、議論は平行線をたどりました。
開催当日が迫る中、皆様にはこれ以上のご迷惑をおかけできず、悪しき前例となる強い懸念を抱きつつも、上記のような苦渋の決断に至りました。

犯人の特徴としては、単純にイベント主催者や会場だけでなく、近隣の一体何の関係があるのか分からないような場所へも脅迫状を送りつけ、さらに脅迫状の投函を毎回、イベントが開催されるその場所の近くから実行することで「ちゃんとイベント会場に行くことができる」という実行力を示している、という点。

実際の脅迫状がどのようなものなのかというのは大阪のテレビ局であるMBSに送りつけられた際の映像を見ると分かります。

「黒子のバスケ」作者脅迫文、MBSにも - YouTube


画像を拡大するとわかりますが、切手の貼り方がちょっと独特で、宛名も印刷した紙を貼り付けています


これが脅迫状

俺は黒子のバスケの作者の藤巻に人生の全てを奪われた人間だ
まだ逮捕されないってことは藤巻は徹底的にしらばっくれているようだ
絶対に許さない!
よって標的を拡大することにした
藤巻が調子に乗ったのもお前らがアニメを流したからだ
もし二期目も流すのならそのときは覚悟しておけ!
俺は硫化水素へのこだわりは捨てた
火・刃物・銃・・・どんな手でも使ってやる!
せいぜい警備を強化しとけよ!

黒子のバスケの葬儀委員長 喪服の死神

同梱物


このようにして異様なほど実行力があり、しかも段々とエスカレートしているため、逆に言えばそのうちエスカレートしすぎて自爆してしまうのではないか?とも考えられます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
YouTubeで犯行予告し大学生10人を殺害 - GIGAZINE

フィンランドで学生10人を殺害した犯人の犯行予告ムービー - GIGAZINE

総務省が十数億円かけてネット上の殺人予告などを自動検知するソフトを開発へ - GIGAZINE

日本のWikipediaで「利用客、駅員や駅長を皆殺しにしてやる」と犯行予告の書き込み - GIGAZINE

文部科学省の局長らを1週間以内に殺害すると書いて逮捕された25才の元東大生、その正体と軌跡を追う - GIGAZINE

自分自身に数百通もの脅迫メールを送り続けていた女性が逮捕される - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.