工事現場の三角コーンを門松・タケノコ・スイカに変える「デザインパイロン」


三角コーン自体の「目立たせる」という要素をうまく残しつつもまったく違うデザインにしてしまったのが「デザインパイロン」です。デザイン性と実用性のバランスが非常に適度なレベルなので、割と秀逸な雰囲気になっています。

デザインカラーコーン オリジナル制作 |designpylons
http://www.designpylons.com/

design▲pylons Life
http://design-pylons.sblo.jp/

株式会社ADnic | Facebook
http://www.facebook.com/adnic.sign

仕組みは簡単、一般的な三角コーンの大きさ(70cm)に合わせたサイズの50cmのシートが筒状になっており、既存の三角コーンに上からかぶせるだけ。防水仕様なので放置しても問題なし。

あまりにシュールすぎるスイカ


実際に街角に立つとこんな感じ


クリスマス風


タケノコ


門松


なお、価格はコーンとセットで12月25日までは1台4800円、オリジナルデザインも可能、とのことです。

・関連記事
工事現場によくあるコーンを駆使した「Traffic Cone Art & Design」 - GIGAZINE

排水溝のそろばんや地面から生えるカメラなど、道路を使ったクリエイティブな広告20個 - GIGAZINE

魔方陣のような前衛的デザインのマンホール写真いろいろ - GIGAZINE

道路標識の裏側を使ったアート - GIGAZINE

長い間道路に放置されていた三角コーンを持ち上げてみたら中には驚くべき物が - GIGAZINE

in デザイン, Posted by darkhorse