ノートPCよりも大きなファーストフード、タコベル「XXL STEAK NACHOS」試食レビュー


タコス、ブリート、ナチョスなどのメキシコ風の料理を販売するアメリカのファーストフードチェーンTaco Bell(タコベル) が期間限定でノートPCよりも巨大な容器に入ったナチョス「XXL Steak Nachos」を販売しているので、実物を食べてみることにしました。

XXL Steak Nachos
http://www.tacobell.com/food/menuitem/XXL-Steak-Nachos


店舗の外観はこんな感じ。


お店に貼られたポスターによれば、重さは「1ポンド以上(OVER 1lb)」とのこと。500グラムか、もしくはそれ以上の量がありそうです。


店舗の中はこうなっています。


座席。


フォークやスプーンなどはセルフサービス。


最初に渡される飲み物用のカップも巨大。


こんな感じのドリンクバーからペプシコーラなどの清涼飲料水がつぎ放題。もちろんおかわりも自由です。


XXL Steak Nachos」の容器は以下の通り。


手に持つとズッシリとした重さを感じます。


ドリンクと並べるとこんな感じ。ナチョスだけでも1200kcalですが、これに1リットル近い炭酸水が加わるので1食で成人男性の基礎代謝分くらいのカロリーを摂取してしまいそうです。


ナチョスとは溶かしたチーズをトルティーヤ・チップスにかけた料理のこと。チップスは「ドンタコス」のような香りと食感ですが、塩味はほとんどついていません。


成人男性の手のひらと比べると大きさがわかります。


実際に食べてみた所、意外と塩辛さは弱め。香ばしいトウモロコシの香りと濃厚なチーズの味の相性が良くサクサクと食べ進めることができました。


トウモロコシでできたチップスにたっぷりとかけられたチーズ。


チップスはできたてだとサクサクでおいしいのですが、時間が経つとグニャとしてしまいひどく味が落ちるので要注意。


牛肉もドッサリ。


トマトやタマネギの入ったピリ辛ソース、サルサ・クルダ


アボカドソース。


サワークリームソース。


豆を煮込んだメキシコ料理「フルホーレス」のような味のソースもかかっています。


お値段は8.69ドル(710円前後)でした。


1度では食べきれなかったので、残りはお持ち帰りに。


ホテルの部屋でノートPC「レッツ-ノート(12.1インチ)」と比べてみた結果は以下の通り。


ノートPCの面積より巨大な器に入っていることがわかります。


というわけで、並のジャンクフードが裸足で逃げ出す巨大さの「XXL Steak Nachos」ですが、ソースの種類が豊富なので意外と最後まで飽きること無く食べることができました。残念ながら、現在タコベルは米軍基地内などの一部を除き日本から撤退してしまっているそうですが、「ドンタコス」系のスナックが口に合う人であればおいしく食べられるはずなのでアメリカに行った際にはぜひチャレンジしてみてください。

・関連記事
「ブリトーが高すぎる」と店員をエアガンで撃った男、モーテルに立て籠もりの末に逮捕 - GIGAZINE

31万2000通りにバーガーをカスタマイズできる「The Counter」に行ってみた - GIGAZINE

スシとハンバーガーを高度な次元で融合した「カリフォルニアロールバーガー」をロサンゼルスで食べてみた - GIGAZINE

ハワイで一番有名なハンバーガーショップ「クア・アイナ」で全トッピングを追加して超ド級サイズにしてみた - GIGAZINE

カーネル・サンダースをスーツ姿からエプロン姿に変えたKFCの加速する国際戦略 - GIGAZINE

26

in 取材,   試食, Posted by darkhorse_log