試食

サーモンソテー+目玉焼、フレッシュネスバーガーのサーモンエッグバーガーを食べてきた


「フライ」ではなく「ソテー」した具材を使ったフィッシュバーガーが11月10日(土)発売のフレッシュネスバーガー「サーモンエッグバーガー」(税込440円)。ソテーすることでサーモン本来の味わいが出ているとのこと。トマトの酸味やあさりのうま味がきいた「トマトクリームチャウダー」(税込300円)も同時に発売されるとのことで、一緒に食べてみることにしました。

エッグベネディクト風バーガー【サーモンエッグバーガー】【トマトクリームチャウダー】新登場!!
http://www.freshnessburger.co.jp/about/Information.html#02

お店に到着。


サーモンピンクのポスターが目印。レジにて注文を済ませます。


サーモンエッグバーガーは単品で税込440円、トマトクリームチャウダーは単品で税込300円なのですが、セットにすると税込640円になり、100円お得です。


まずはサーモンエッグバーガーから。エッグベネディクトをイメージして作られているそうです。


一番上には目玉焼き。


その下にはレタス、たまねぎが見えます。


ソースはオランデーズソースと呼ばれるもので、ビネガーや卵黄に、溶かしバターをたっぷり加えたコクのある洋風ソース。


そして、今回の主役のサーモン。脂がのっているのが特徴のチリ産のアトランティックサーモンを使用しており、こんがりとソテーされています。


持ってみると、バンズがフカフカであたたかく非常にうまそう。


一口かじると半熟の黄身がトロリ。卵の甘みはもちろんですが、それに負けることのないサーモンの脂の乗った味もしっかりと感じられます。塩コショウなどで味付けされているのですが、薄過ぎず辛過ぎず、ちょうど良い味付けで食べ応えはOk。まろやかなソースも、たまねぎの辛みを抑える感じでいい働きをしています。


こちらは、トマトクリームチャウダー。


スープはトマトの酸味は控えめで、クリーミーな甘みがよく出ています。具にはあさりが入っていて、具自体の味は薄めでスープにうま味が溶け出している感じ。


具の中ではじゃがいもの味わいが群を抜いていて、よく煮込まれていて柔らかく、トマトの甘みなどもしっかりと染みこんでいます。


休日のちょっとぜいたくな朝ご飯などに良さそうです。

・関連記事
世界三大ハムのひとつを使った冷たい食感が特徴の「ハモンセラーノサンド」を食べに行ってきました - GIGAZINE

マンゴーが巨大で存在感ありすぎな「マンゴーバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

まさかの復活、フレッシュネスの超巨大マッシュルームバーガーが期間限定発売 - GIGAZINE

フレッシュネスバーガーでスパムバーガーを食べてみました - GIGAZINE

世界3大生ハムを使ったフレッシュネスバーガーの「ハモンセラーノサンド」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log