フォーカス速度と精度を両立したミラーレス一眼「NEX-6」「NEX-5R」11月16日発売


「ファストハイブリッドAF」システム採用、WiFi機能を搭載してアプリに対応し、スマートフォンをカメラのリモコンとして使用したり、トリミング・水平補正・明るさ調整などが可能なフォトレタッチ機能を追加したりできる、ソニーのミラーレス一眼カメラ“α”NEX-6とNEX-5Rが11月16日に発売となります。

新開発「ファストハイブリッドAF」システム、Wi-Fi機能搭載 ミラーレス一眼カメラ | プレスリリース | ソニー
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201210/12-1030/

NEX-6、NEX-5RともにイメージセンサーはAPS-CサイズのExmor APS HD COMSイメージセンサーを採用しており、ISOの常用感度上限は25600。位相差検出方式AFとコントラスト検出方式AFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」を採用したことで、フォーカス速度、精度を両立。また、Wi-Fiを搭載しているので撮影した写真をPCやスマートフォン、タブレットに転送できます。また、アプリケーションをダウンロードできる「PlayMemories Camera Apps」に接続してアプリを入れることで、エフェクト効果を追加したり、フォトレタッチ機能を追加したり、スマートフォンやタブレットをカメラのリモコンとして使うことができるようになります。

NEX-6 | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Eマウント] | ソニー

NEX-6本体はこんな感じ、ファインダーは有機ELのXGA OLED Tru-Finderを搭載し、高い解像力と視野率100%を実現。


ソフトキャリングケース「LCS-ELC6」、税込1万500円(別売)


ボディのみの推定価格は9万5000円前後。

標準ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 『SELP1650』」とセットになったパワーズームレンズキット(NEX-6L)は11万円前後


標準ズームレンズと望遠ズームレンズ「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」を合わせたダブルズームレンズキット(NEX-6Y)の場合、13万5000円前後。


NEX-5R | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Eマウント] | ソニー

NEX-5Rはブラック、シルバー、ホワイトの3色があります。


ソフトキャリングケース「LCS-ELC5」、税込6300円(別売)。


こちらはボディ単体だと8万円前後、パワーズームレンズキット(NEX-5RL)は9万5000円前後、ダブルズームレンズキット(NEX-5RY)が12万円前後と推定されています。

このほかの別売レンズ、超広角ズームレンズ「E 10-18mm F4.0 SS 『SEL1018』」(税込9万9750円)


単焦点レンズ「E 35mm F1.8 OSS 『SEL35F18』」(税込5万5650円)


モニター保護セミハードシート「PCK-LM13」は税込1575円。指紋防止コートなのでタッチパネル操作をしても指紋が目立ちにくく、拭き取りもカンタン。


NEX-5Rについてはフォトキナで実際に触ってみたフォトレビューもあるので、参考にして下さい。

・関連記事
スウェーデンの老舗ハッセルブラッドがソニーとコラボして作った超高級カメラ「Lunar」フォトレビュー - GIGAZINE

有機ELファインダー&3軸チルト液晶モニタで撮りやすい「α99」フォトレビュー - GIGAZINE

ソニー「α57」の秒間12連写やバリアングル液晶の使い勝手がわかるムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

ソニーが現在開発中の7本のEマウントレンズなどを展示&ロードマップの一部を開示、2012年までに順次商品化予定 - GIGAZINE

33

in ハードウェア, Posted by logc_nt