9トンの圧力や25mの水面落下に耐えられる約40万円の4人用球体シェルター「ライフアーマー」の実物はこんな感じ


サイヤ人宇宙船っぽい外観のFRP(繊維強化プラスチック)製のボール型シェルターが「ライフ アーマー(LIFE ARMOUR)」です。

製品情報|株式会社POND
http://pond.co.jp/product/


製造元は大分県にある自動車部品メーカーポンドで、東日本大震災をきっかけに手軽で安価に利用できる防災シェルターを作ろうと思い立ち生産を始めたとのこと。

価格は39万8000円でカラーバリエーションはブルーとピンクの2色。


外観は以下の通り。


本体サイズは直径約1.2メートルで、公称重量は約80kg。


入り口のドアの直径は約60センチ。


裏側から見るとこんな感じ。


外壁には運搬用のハンドル付き。


9.3トンの加圧試験にも耐えることが可能です。


25メートルの高さから水面に落下させても無傷。


内部には大人が4人が座れるスペースがあります。


完全に密閉されてはいませんが、水の上に浮くことも可能。


なお、オプションでセコムの「ココセコム(加入料4500円/月額基本使用料900円)」を備え付ければ現在位置をオペレーションセンターや家族のPCなどに送信できます。


同社のスタッフによる製品説明を納めたムービーは以下でチェックしてみてください。

球体防災シェルター LIFE ARMOUR - 株式会社ポンド - YouTube


というわけで、津波や災害の際には安全な場所まで速やかに避難することが最優先ですが、どうしても危険な地域から移動できない事態になってしまった場合に備えて、シェルターを用意しておくと安心です。なお、同製品は下記の通販サイトから購入することも可能となっています。

ライフアーマー大人4人乗り防災シェルター


・関連記事
サイヤ人の宇宙船のようなツリーハウスの中はどうなっているのか? - GIGAZINE

地球がゾンビだらけになっても生き残れる携帯シェルター「VAGABOND」 - GIGAZINE

アダルトフィルムメーカーが2012年の世界の終わりに向けてシェルターを構想 - GIGAZINE

冷戦時にアメリカ軍からの核攻撃を想定して作られた核シェルター - GIGAZINE

地球最後の日に向けて準備されたシェルターいろいろ - GIGAZINE

37

in 取材,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log