エッジは厚さ5ミリ、10万円台の激薄「iMac」と1TB HDD搭載の「Mac mini」


ボディを大幅に薄型化したアルミ製一体型デスクトップ「iMac」とストレージ容量の拡張などが行われた新型「Mac mini」をAppleが発表しました。

アップル - デスクトップパソコン - iMac
http://www.apple.com/jp/imac/

アップル - デスクトップパソコン - Mac mini
http://www.apple.com/jp/mac-mini/

アップル - イベント - Apple Special Event 2012年10月

高解像度のRetinaディスプレイ搭載13インチノート「MacBook Pro」の発表に続いて、デスクトップモデルの新製品の発表を行うフィリップ・シラー上級副社長がスライドに映し出したのは「Mac mini」の文字。


外観に目立った変更はなし。


1TBのHDDやCore i7が搭載可能になるなどしたものの、アップデート箇所は少なめ。


本日2012年10月24日から発売開始。


日本での販売価格は以下の通りです。

◆2.5GHz Mac mini(税込5万2800円)
CPU:Intel Core i5(デュアルコア2.5GHz)
メモリー:4GB
ストレージ:500GB HDD
グラフィック:Intel HD Graphics 4000

また、Core i7(クアッドコア2.3GHz)を搭載したモデルは税込6万8800円となります。

続いて、同社のロングセラー商品である一体型デスクトップコンピューター「iMac」シリーズの歴史に触れるフィル。


そして、最新モデルの写真が画面下から登場。


かなり薄型になった新「iMac」。


エッジ部分はわずか約5ミリ。


前から見るとこんな感じ。


ディスプレイそのものも5mm薄型化。


さらにディスプレイとガラス面にあった2mmの隙間も無くしたとのこと。


解像度は27インチモデルが2560×1440ドット、21.5インチモデルが1920×1080ドットでいずれも視野角178度のIPSディスプレイを採用。


反射を75パーセント抑えるなどの改善を施し、それぞれのマシンでキャリブレーションを行ってから出荷しているとのこと。


内部構造は以下の通り。


ヘッドフォン端子、SDXCカードスロット、USB 3.0×3、Thunderbolt×2、有線LANポートを備えています。


高速なデータの読み書きができるSSDと、安価に大容量のデータを格納できるハードディスク、iMacではそのいいとこ取りができると言うフィル。


SSDとHDDを1つの論理ドライブとして扱う「Fusion Drive」と名付けられた技術を発表。


128GBのSSDと1TBか3TBのHDDを合わせて搭載し、1つのストレージとして扱うことで高速なデータの読み書きと大容量データの保存を実現しているとのこと。


同社のソフト「Aperture」を利用した写真のインポート速度の比較では「Fusion Drive」がSSDに肉薄する速度を出しているそうです。


光学ドライブは廃止されましたが、オプションのアクセサリーで追加可能。


発売予定は21.5インチモデルが11月、27インチモデルが12月となっています。


なお、日本での販売予定価格は以下の通りです。

21.5インチモデル:税込10万8800円から
27インチモデル:税込15万4800円から


・前の記事
超高解像度Retinaディスプレイ搭載13インチ「MacBook Pro」をAppleが発表

・関連記事
7.9インチ「iPad mini」と超高精細ディスプレイ搭載の「第4世代iPad」が登場 - GIGAZINE

Appleの製品の進化が約3分でサクッとよくわかる「Evolution of Apple」 - GIGAZINE

スティーブ・ジョブズに似すぎなぬいぐるみ「iCEO」実物フォトレビュー - GIGAZINE

旧型iMacの画面から猫が出てくるという仕様の猫用ベッド「Think different」 - GIGAZINE

「Nexus 7」にマウスやキーボードをつないで超軽量のノートPCっぽく使う方法 - GIGAZINE

38

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log