Twitter廃人度に応じて計算された月額利用料金とプランを教えてくれる「Twitter利用料金チェッカー」

By Anne Helmond

通常ツイート、リプライ、リツイート、フォロー数などからTwitterの利用料金請求書を作成してくれるのが「Twitter利用料金チェッカー」。1ヶ月間のTwitter利用料金が計算されるだけでなく、使用頻度に合わせて「一般プラン」や「廃人プラン」「超廃人プラン」など、その人ごとの利用プランも教えてくれます。

Twitter利用料金チェッカー
http://ryokin.whotwi.com/


Twitter利用料金をチェックするには、テキストボックスに自分のTwitterアカウントを入れて「利用料金を確認する」をクリック。



すると、こんなこんな感じで表示されます。以下はTwitter利用料金チェッカー製作者であるこにさんの結果。


請求書のトップには利用者のID、利用期間、利用金額が。


まず基本使用料が980円。一般人プランライトを利用しています。


ツイート料は4985円。内訳は、通常ツイートが20回で200円、リプライが107回で3210円、リツイートが1回で15円、URL記載が24回で720円、深夜ツイート割増が28回分840円。


システム利用料はフォロー数、fav使用数、リスト使用数によって計算されます。この場合はフォロー数が734人で1万4680円、fav使用料が847回で8470円、リスト使用料が136回で5440円です。


また、プロフィール背景オプション位置情報オプションとして利用者には各金額が加算されます。プロフィール背景オプションは3000円、位置情報オプションは100円。


最後にお知らせとしてTwitter利用月数が記載されます。


料金プランは個々人のツイッター利用状況によって異なってきます。例えば、一ヶ月間の利用金額が3万3930円、ツイート料が1万4260円、システム利用料が1万4690円、オプションサービスが3000円の場合は、一般プラン。


次に、利用金額が5万5980円、ツイート料が1万9890円、システム利用料が3万110円、オプションサービスが3000円の人の場合……


廃人プラン。


利用金額が449万4590円、ツイート料が84万800円、システム利用料が363万810円、オプションサービスが3000円の場合は……


超超超超超廃人プランになります。


超超超超超廃人プランが最高か?と思いきや、利用金額が258万8225円、ツイート料が170万5595円、システム利用料が84万9650円、オプションサービスが3000円の場合……


超超超超超廃人プランのさらに上を行く超超超超超超廃人プラン。基本使用料は2万9980円です。


単純に利用金額が高い人が高額のプランに入っている、というわけではなく、ツイート回数とツイート料がメインとなってプランが決められているようです。利用金額が117万870円の場合であっても……


ツイート料が4110円、システム利用料が116万2780円、オプションサービスが3000円の場合は一般人プランライトでした。


ご利用は計画的に。

・関連記事
ツイッターでつぶやくとGoogleマップ上に位置情報が表示される「TwitterMap」 - GIGAZINE

Twitterの「あけおめ」vs「バルス」の強さを比較したグラフ - GIGAZINE

Twitterでつぶやいたら商品化、「にゃんこ型 イヤホンジャックカバー」ついに完成 - GIGAZINE

Twitterアカウントは持っていないがいろいろな人のTwitterをただ読みたいだけという人のためのフリーソフト「TwiYom」 - GIGAZINE

Twitterはこのメモから6年前、すべてが始まった - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa