デザイン

財布に入れて持ち歩けるクレジットカードサイズの薄型栓抜き「Leverage」


普段はあまり使わなくても、ここぞという時に無くて困るのが栓抜き。家のに帰れば台所にあることはわかっていても、外出先でジュースやビールを飲むために購入しなければならなくなることがたまにありますが、そんなことがないように財布やカードケースに忍ばせて持ち歩くことのできるカードサイズの薄型栓抜きが「Leverage」です。

Kumquat : _
http://www.kumquatid.com/

Leverage_ The Carbon Fiber Credit Card Sized Bottle Opener by Kumquat — Kickstarter

ムービーは以下から。


Leverageはカーボンファイバーでできたクレジットカードサイズの栓抜き。


大きさは縦85.725mm、横が53.975mm、薄さが1.6mm、重さは8.5gです。


表面にはLeverageをデザインしたKumquatのロゴマーク。


裏面には「OPEN SESAME(開けゴマ)」の文字が。


コンパクトでスリムなデザインなので、他のクレジットカードと束ねてクリップで留めたり……


カードケースに入れておくことも可能。


財布にもスッポリ入る大きさです。


こちらがデザイナーのGregoryさん。


Leverageを財布などに忍ばせておけば、いつでもどこでも瓶のフタを開けることが可能。


手に持つとこんな感じ。


使い終わった後は……


他のクレジットカードなどとまとめます。


クリップで留めれば邪魔にならずポケットに収納することが可能です。


Leverageは現在商品化のための出資を募っている最中。20ドル(約1560円)の出資をすれば商品化した際にLeverageを1つゲットすることが可能。増額すれば数を増やしたりレーザーで表面にメッセージを入れることもできます。アメリカ国外への出荷の場合、別途送料が5ドル(約400円)必要、とのこと。


なお、締め切りは日本時間で10月14日(日)の午前2時23分です。

・関連記事
ちょっと欲しくなってしまうユニークなビールの栓抜きいろいろ - GIGAZINE

iPhoneをビールの栓抜きへスタイリッシュに変えてしまう「Opena」 - GIGAZINE

ビキニからパックマンまで、栓抜きの機能をつけたガジェットいろいろ - GIGAZINE

一体どの缶切りが一番使い勝手がいいのか?メリケンサックっぽく握ったりする缶切りなど5種を使って開けまくってみた - GIGAZINE

カップ酒のように1杯のワインが栓抜き不要でいつでもどこでもすぐに飲める「イージーワイングラス」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa