英語・中国語・日本語で伝えたいフレーズを相手に見せてコミュニケーションできるアプリ「Mantaphrase」


発音や文法を気にして外国語を話すことなく、伝えたいフレーズを相手に見せるだけでコミュニケーションができるアプリが「Mantaphrase」です。iOS 5.1以降のiPhoneとiPod Touch上で起動可能となっています。インストール、操作方法などについては以下から。

small selection of phrases
http://www.mantaphrase.com/

◆どんなアプリなのか?
海外に旅行へ行った場合などに相手に伝えたいフレーズを「Mantaphrase」で見つけて


伝えたいフレーズを相手に見せて


答えをもらってコミュニケーションを取るアプリです。


続けて、コミュニケーションを行うことも可能となっています。


◆インストール
「App Store」をタップ


「mantaphrase」と入力して、「インストール」をタップ。


「開く」をタップ


5秒ほどロードを待ちます。


ロードが完了したら、「始める」をタップ。


◆設定
アメリカで旅行をする想定の設定をする場合は、コミュニケーションをするときの言語(ここでは英語)を選択して、「次」をタップ。


行き先(ここではアメリカ合衆国)を選択し、「続ける」をタップ。


「マンタフレーズの使用を開始」をタップ


◆操作方法
表示されているアイコンから伝えたいフレーズを見つける場合は、伝えたいことと近いアイコン(ここでは交通)をタップ。


伝えたいフレーズ(ここでは「チケット売り場はどこでしょうか。」)が表示されていれば、それをタップ。


そうすると英語で伝えたいフレーズが表示されます。これを相手に見せてコミュニケーションを取ればOKということです。


左上の×をタップすれば、別のフレーズを表示させることが可能に。


伝えたいフレーズによっては……


伝えたフレーズの答えをYesかNoで聞くことが可能。


相手が「Yes」をタップした場合はYesが青色になります。更に伝えたいことがあれば「フォローアップのフレーズ」をタップ。


すると、関連するフレーズが表示されます。


伝えたいフレーズ(ここでは「どれくらい待ちますか。」)をタップすれば……


続けて相手とコミュニケーションを取ることが可能。


また、「いくらですか?」というようなフレーズの場合は、下部に値段とスライドが表示されます。


スライドは左右に動かすことができ、相手の意図している値段がパッと分かります。


伝えたいフレーズを検索バーから見つける場合


検索バーに伝えたいフレーズを入力すると、それに近いフレーズが表示されます。


履歴を見る場合は画面の右上をタップ。


以下のように履歴が見られます。元のページに戻す場合は、左上のアイコンをタップすればOKです。


◆フレーズの使用制限
ただ、インストールしただけでは薄い黒色のフレーズの使用が制限されています。


全てのフレーズを使用したい場合は各350円の言語(英語・日本語・中国語)を購入する必要があります。

・関連記事
NTTドコモから「通訳電話」機能と「お願いを聞いてくれるゾウ」のサービスが参考出展 - GIGAZINE

Google・Microsoftなどの翻訳エンジンを選べて複数言語対応のフリーソフト「QTranslate」 - GIGAZINE

見ているページをGoogleで簡単に一発翻訳できるフリーソフト「Client for Google Translate」 - GIGAZINE

いろいろな言語を学べるサイト「Mango Languages」 - GIGAZINE

書籍「アインシュタイン その生涯と宇宙 下」が機械翻訳だったため回収へ - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log