ツイッターでつぶやくとGoogleマップ上に位置情報が表示される「TwitterMap」


ツイッター上で「ツイートに位置情報を追加」の設定を行うと、ツイートを行った場所をフォロワー表示できるようになりますが、位置情報付きツイートを集めてGoogleマップ上にツイート内容と共に表示するサービスが「TwitterMap」です。

TwitterMap
http://www.demap.info/

こんな感じで、Googleマップ上に位置情報付きでツイートされたつぶやきが表示されます。


Googleマップを使用しているので、地図を航空写真表示に変更することも可能。


ツイートはプロフィールアイコンと一緒に表示されるので、知り合いがツイートしていれば一目瞭然です。


TwitterMapとは別に以前も位置情報をGoogleマップ上に表示させるサービスは存在し、位置情報を送信しても周辺約1万平方メートルのどこかにプロットされるだけで、実際の位置は特定できないような仕組みになっていたものもあったそうなのですが、TwitterMapではそのあたりの説明はないようです。以下がTwitterMapの公式ツイッターアカウントですが、特にツイートは行われていません。

・関連記事
数分・数百m以内にツイートした見知らぬ2人の位置をリアルタイムに地図表示するフリーソフト「TwitterNeighbor」 - GIGAZINE

電車が線路のどこを走っているのかを地図上にリアルタイム表示する「鉄道Now」を使ってみた - GIGAZINE

コミケのサークル情報と会場地図をTwitterと連携させたソーシャルマップ「twitcmap」 - GIGAZINE

Twitterはこのメモから6年前、すべてが始まった - GIGAZINE

Twitterの大量流出したパスワードに自分のものが含まれているかどうか一発でわかる「WIWA TWIPASS」 - GIGAZINE

80

in ネットサービス, Posted by logq_fa