取材

自宅にアーケード機を再現可能、本気でゲームを楽しみたい人のための机「XAC-1」に触ってきた


大型のディスプレイが載せられるマウントやジョイスティック置き場などを備え、ゲームセンターさながらの雰囲気と操作感でゲームが楽しめる机「XAC-1」がCEATEC JAPANのMicomsoftブースに展示されていたので、実物を写真に納めてきました。

コンピューターデスク「XAC-1」の外観は以下の通り。


組み立て式で、VESAマウントによる32インチまでのディスプレイ(別売り)の取り付けが可能な他、画面位置の調整や回転が可能。「本気でゲームを楽しむ方に向けた製品です」とのことです。


机の天板にはアーケードゲーム機のような配置のボタンとジョイスティックを搭載できます。


実際にスティックを握ってみるとこんな感じ。自宅でもゲームセンターさながらの感覚でプレイが楽しめます。


発売予定は2012年末で、本体のみの予想実売価格は5万円以上になる見込みです。

・関連記事
知られざる日本のアーケードゲームを支えた組み込みエンジニアたちの技術の歴史、そして今必要なこととは? - GIGAZINE

ゲーマー御用達のゲームボーイ型レンガ - GIGAZINE

ゲーマーなら知っておきたいゲーム音楽における10人の名作曲家 - GIGAZINE

巨大な付箋紙で作ったラクガキし放題の机「Post-Itable」 - GIGAZINE

サイコロ型に折り畳めるパソコンデスク - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   ゲーム, Posted by darkhorse_log