×
アート

マイクロチップや電子部品を使ったマンダラ「Technological mandala」


仏教における世界観をさまざまなシンボルや仏像などによって表すマンダラを、マイクロチップや電子部品によって表現したのが「Technological mandala」です。

Leonardo Ulian work
http://www.leonardoulian.it/i_pages/work.html

01


02


03


04


05


これはロンドンで活動するアーティストLeonardo Ulianさんの作品。宗教的なマンダラと産業的な科学技術の一つである電子部品は一見かけ離れたものですが、Leonardoさんは普段電子機器に隠れてしまって見ることが少ない電子部品の完璧なデザインをマンダラにすることで示したかったそうです。電子部品はマンダラとなることで本来的な機能を失いますが、その代わり見る人に「このマンダラに電流が流れるとどうなるだろう?」といったような疑問を抱かせる新たな機能を果たす、とのことです。

・関連記事
仏僧が1ヶ月かけて砂で描きあげるマンダラ(マンダラ) - GIGAZINE

世界の色々な宗教をミックスしてできたベトナムのカオダイ教総本山に行ってきた - GIGAZINE

世界各地に存在するとてつもなく魅力的な寺院など10カ所 - GIGAZINE

仏教僧が100万本のビール瓶でつくりあげた寺院 - GIGAZINE

仏教・神道美術300件が集合、滋賀県で最大規模の展覧会実施中 - GIGAZINE

in アート, Posted by logq_fa