×
メモ

AppleのCEOティム・クックがiOS6/iPhone5のマップについて謝罪、Googleマップなどの使用を推奨


「Appleは、お客様に最高の体験をお届けする、世界で最高レベルの製品を作ることに取り組み続けています。しかし、先週提供を開始した新しいマップは、自分たちに課したその基準に達することができませんでした。お客様にご迷惑をおかけてしていることに対し、心よりお詫び申し上げます」ということで、Apple公式サイト上にてAppleのCEO(最高経営責任者)であるティム・クック氏からのメッセージが掲載されており、日本の公式サイトにも掲載されました。

アップル - マップについてのTim Cookからのメッセージ
http://www.apple.com/jp/letter-from-tim-cook-on-maps/


内容は以下のようになっています。

お客様へ

Appleは、お客様に最高の体験をお届けする、世界で最高レベルの製品を作ることに取り組み続けています。しかし、先週提供を開始した新しいマップは、自分たちに課したその基準に達することができませんでした。お客様にご迷惑をおかけてしていることに対し、心よりお詫び申し上げます。現在私たちは、マップをより良いものにするために最善を尽くしています。

私たちがマップの提供を始めたのは、iOSの最初のバージョンをリリースした時です。その後、時が経つにつれ、ルート案内、音声の統合、Flyover、ベクターベースの地図といった機能を持つ、より優れたマップをお届けしたいと考えるようになりました。そのためには、新しいバージョンのマップを一から作る必要がありました。

Appleの新しいマップを利用しているiOSデバイスの数はすでに1億台を超えており、その数は毎日増え続けています。新しいマップを搭載したiOSデバイスのユーザーが検索した場所は、わずか一週間あまりで約5億にのぼりました。より多くのお客様にご利用いただくほど、マップはより良いものになります。皆様からお寄せいただいたフィードバックに対し、心よりお礼申し上げます。

私たちがマップの改良に取り組んでいる間、皆様にはApp Storeから「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの地図アプリケーションをダウンロードしていただけます。Googleマップのウェブサイトにアクセスして、そのアイコンをホーム画面に作成し、マップを使うこともできます。

Appleは、自分たちの製品を世界で最高のものにすることを常に目指しています。皆様がそのことをAppleに期待していることも、私たちは理解しています。私たちはマップがこの極めて高い水準に達するまで、絶えず努力を続けていきます。

Tim Cook
Apple CEO(最高経営責任者)

実際に「ウェブサイトをiOS 6デバイスのホーム画面に追加しておけば、ウェブ上にあるGoogleマップにすばやく簡単にアクセスできます」ということで、以下のようなGoogleマップを使用するための方法を解説するページもApple公式サイト上に作られています。

アップル - iOS - ホーム画面に追加する
http://www.apple.com/jp/ios/add-to-home-screen/


実際にiOS6のマップはめちゃくちゃになっており、大体以下のような感じです。

痛いニュース(ノ∀`) : 【iPhone】「iOS 6」の地図がヤバイ 「パチンコガンダム駅」「首相官邸に高校」「ハングル表記」 - ライブドアブログ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1731258.html

首相官邸の敷地内に突如として高校が出現


パチンコガンダム駅


マクドナルド駅


謎の群馬県庁


「ラ」


これは当然日本だけでなく世界中の地図がはちゃめちゃになっており、海外の惨状は以下のサイトにまとめられています。

The Amazing iOS 6 Maps
http://theamazingios6maps.tumblr.com/

映画「インセプション」のような隆起する街


どろどろに溶けて道路と一体化した自動車


アップルストアを残して壊滅、世紀末覇者的な荒廃した雰囲気に包まれたニューヨーク


なお、現時点ではGoogleのエリック・シュミット会長が東京で答えた内容によると、「われわれは、彼ら(アップル)がわれわれのアプリの採用を継続していたら良かったのにと思うが、仕方がない」と述べており、AppleのApp StoreにGoogleマップのアプリが登場するかどうかについては「われわれはまだ何もしていない」と回答、さらにAllThingsDが取材したところによれば、今回のiOS6でGoogleマップを採用しなかったのは複数の理由があるが一番大きな原因は「自動車運転時における音声ガイドのナビ機能をGoogleが搭載する気が無かったため」であり、この機能がAndroidのGoogleマップには採用されているのにiOS版では採用されていないことに対してAppleがGoogleに対して音声ナビ機能を入れてくれと要望し続けたにもかかわらず受け入れられなかったため、自社ですべてをコントロールする必要性に駆られたAppleは独自地図アプリ作成に踏み切り、今回のような大惨事になってしまった、というわけです。

・オマケ

総統閣下はiOS6の純正地図アプリにお怒りのようです - YouTube

・関連記事
IPアドレスから住所を特定してGoogleマップで表示するフリーソフト「IP Locator」 - GIGAZINE

山の高さや平野の広さが目で見てわかる立体地図「クニャマップミニ」で日本列島の本当の姿を直感的に再認識 - GIGAZINE

地図にしかない町「著作権トラップ」は本当に存在するのか - GIGAZINE

大阪梅田地下迷宮などを攻略する助けになる地図「大阪らくらく乗換マップ」 - GIGAZINE

カーナビの地図が古くて困ったことがある人は7割、地図の更新経験がある人は3割 - GIGAZINE

男性器のサイズで色分けした世界地図 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse