試食

具が重量級で麺が見えないほどの「カップヌードル メガミート/メガベジタブル」を食べてみた


カップヌードルレギュラーサイズ史上最大の肉重量、野菜重量を誇る「カップヌードル メガミート」「カップヌードル メガベジタブル」(共に税別170円)が9月24日(月)に発売されました。どちらの商品も、「できあがってフタを開けた時のボリューム感に驚きがある」と自信満々のデキのようなので、早速食べてみることにしました。

9月18日はカップヌードル・バースデー!「カップヌードル メガミート」「カップヌードル メガベジタブル」2012年9月24日(月)新発売

左が「カップヌードル メガミート」で右が「カップヌードル メガベジタブル」です。


サイズとしてはノーマルの「カップヌードル」と同じレギュラーサイズ。カップヌードルの内容量が77グラム(麺65グラム)に対して、「カップヌードル メガミート」は78グラム(麺60グラム)、「カップヌードル メガベジタブル」は77グラム(麺60グラム)なので、全体の内容量はほとんど変わらず麺と具の分量の比率が変わっています。


「カップヌードル メガミート」はどっさりと肉が入っていて、スープはペッパーコク醤油味。


原材料には味付豚肉、味付け鶏肉、味付牛肉と3種類の肉が使われています。


1食(78グラム)当たりのエネルギーは364キロカロリー。


開封してみると、大きめのサイズの肉がゴロゴロ。


こちらは「カップヌードル メガベジタブル」。野菜と相性のよい、トマトのうまみを利かせたミネストローネスープです。


原材料にはキャベツ、トマト、ベーコン、揚げなす、人参などの野菜類。


1食(77グラム)当たりのエネルギーは344キロカロリー。


開封してみると、赤色のトマトがたくさん見えました。


お湯を注いで待つこと3分。


完成です。「カップヌードル」と比べて「カップヌードル メガミート」は肉の大きさ、分量が明らかにパワーアップしており、また「カップヌードル メガベジタブル」は具で麺が見えないほどで、全体的な具の分量が圧倒的に多くなっているのがわかります。


まずは「カップヌードル メガミート」からいただきます。


スープに入っているペッパーがよくきいており、また具が豊富にあるためか「カップヌードル」よりもかなり味が濃く感じられました。肉は大きいこともあり、味も歯応えもよく、ペッパーのきいたスープとの相性もグッド。


3種類の肉の味を判別することはあまりできませんでしたが、とにかく肉尽くしでボリュームがあり、分量的には「カップヌードル」と変わらないのですが、こちらの方が満腹感は上に感じました。


次は見た目の彩りも良い「カップヌードル メガベジタブル」。


スープにはトマトの味がよく溶けだしており、酸味が強く感じられます。具には様々な野菜が含まれていますが、どれも味がしっかりと感じられ、またボリュームも十分。


中でも目立っていたのはキャベツのシャキシャキ感。食感がよく、どんどん箸が進みます。「カップヌードル メガミート」は肉とペッパーの味でガッツリとした感じですが、こちらは野菜の甘みをじっくりと味わえるやさしい味です。


「カップヌードル」と全体の分量もほとんど変わらないのですが、具に華やかさがある分、食べているときの満足感は「カップヌードル メガミート/メガベジタブル」の方が高く感じました。「カップヌードル」と値段は変わらないので、具の味をしっかりと堪能したい場合には、間違いなくオススメです。

・関連記事
カレー風味だが香りがしない「カップヌードルごはん カレー味」試食レビュー - GIGAZINE

通常の1.7倍のボリューム、日清「シーフードヌードル キング」試食レビュー - GIGAZINE

「ミルクシーフードヌードル」を沸騰した牛乳でも作って食べ比べてみた - GIGAZINE

欲しくなったらすぐにカップヌードルが食べられる自動販売機型給湯器「カップヌードルMYベンディングマシン」 - GIGAZINE

1分で日清の味「カップヌードル焼そば 1ミニット」「日清焼そばU.F.O. 1ミニット」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log