置くだけでワイヤレス充電可能なiPhone5/iPhone4用のバッグと一体型のバッテリーシステム「Everpurse」


iPhoneを使って通信しまくれば当然ながらバッテリーの減りはどんどん早くなるため、ちょっとした隙を見つけて充電した方がいいのですが、いちいちコードをつないで充電するのは面倒なので、ついつい「あとでまとめて充電すればいいか」と油断していると、あっという間に空っぽになってにっちもさっちもいかなくなることもしばしば。そんなiPhoneの充電切れを未然に防いでくれるのが「Everpurse」。レザーや布製のケースに充電器が仕込んであり、ケースに入れるだけでPCやコンセントにつなぐことなしに充電が可能。1日中安心してiPhoneを使えるようにします。

Everpurse
http://everpurse.com/

ムービーは以下から。

Everpurse: Seamlessly charge iPhone 4 & iPhone 5 all day by Everpurse — Kickstarter


iPhoneの充電が残りわずかになった時、コンセントに充電ケーブルを差し込むのが通常のところですが……


そうするとしばらくはiPhoneをコンセントから離すことができなくなってしまいます。


そんな時にケースに入れるだけで充電できるようにしたのが「Everpurse」


こんな風に、内側のポケットに入れるだけで、スムーズに接続されてすぐにiPhoneが充電できます。


これはEverpurseが独自開発したiPhone充電器を中に入れているため


こちらがEverpurseを作ったLizさん。普段はソーシャルワーカーとして働いていて、iPhoneの充電がすぐに無くなってしまうのをどうにかできないかと考え、エンジニアの旦那さんとEverpurseを開発したとのこと。iPhone4、iPhone5の他、Android搭載スマートフォンの一部にも対応しており、現在特許出願中だそうです。


1日にフル充電が2回行え、アプリ・ゲーム・カメラの起動、さらに通話を行っても充電が切れてしまうことがないように作られています。


帰宅し、Everpurseを一日の終わりにマットの上に載せておけば、バッグの中にあるバッテリーがワイヤレスで充電され、朝にはしっかり充電が完了するようになっています。


なので、あとはiPhoneをケースに入れるだけでOK。その日一日iPhoneのバッテリーが切れることはありません。


これまで、外出先でiPhoneを充電しよう、という時は……


iPhoneと充電器を接続し……


充電器をぶらぶらさせたまま通話することもしばしばありましたが、Everpurseを使えばその必要はなくなる、というわけです。


これまでのようにPCを立ち上げ、ケーブルで繋いでiPhoneを充電することもなくなります。


また、機能的なだけではなく、サイズやカラーにもバリエーションがあり、どれもオシャレな仕上がり。


すっぽりとカバンに入ってしまうサイズです。


なお、Everpurseは現在商品化に向けて出資を募っている最中。129ドル(約1万円)で布製のEverpurseがゲットでき、159ドル(約1万2000円)でレザー製に変えることが可能。この他、増額するとカラーを変えたり個数を増やしたりすることができます。


締め切りは日本時間で10月14日(日)午前11時です。

・関連記事
「iPhone 4S」をワイヤレス充電可能に改造してしまう方法 - GIGAZINE

極厚のアルミ板でiPhoneを守る「1インチ装甲ケース」実物メッタ打ちレビュー - GIGAZINE

ヴィンテージのカメラを再利用したレトロで個性的なiPhoneドック - GIGAZINE

iPhone/iPad/iPodをキャラクターっぽく変身させる「MOBOTO」 - GIGAZINE

出どころの怪しい砕けたiPhoneをAppleが修理してくれるか試してみた - GIGAZINE

69

in ハードウェア,  動画,  デザイン, Posted by logq_fa