ネットサービス

自分のiPhone/iPadなどのUDIDが漏洩した約100万のリストにあるかどうか確認できるサイトが登場

By Yutaka Tsutano

約1200万ものiPhone/iPadなどiOSのUDIDや個人情報がハッカー集団AntiSECのハッキングによってFBIのノートPCから漏洩し、証拠としてそのうちの一部を抽出した約100万(厳密には1,000,001個)のデータが現在、ネット上で誰でもダウンロード可能になっているわけですが、ダウンロードしたファイルを複合化して検索する作業は誰でもできるものではないため、その手間を省き、一刻も早くとりあえず自分のUDIDがその「1,000,001」個のリストにあるかどうかを検索できるサイトが早速登場しました。

Has your Iphone info been comprimised?
http://kimosabe.net/test.html


作成したのはUnix/LinuxのDevOpsとAWSのコンサルタントをしているSean MacGuireさん。


確認する手順としてはまずiOSと同期しているiTunesを起動します


「シリアル番号」をクリック


すると「UDID」が表示されます


そのまま「編集」から「コピー」をクリック


あとはメモ帳を起動して「編集」から「貼り付け」


これでUDIDが保存可能になります


次に上記確認サイトに先ほどUDIDを入力し、「Submit」をクリック


すると結果が出てきます。


ただし、この結果で「含まれていません」と出てきたとしても、まだ公開されていない残りのリストには入っている可能性が残っているので、注意は必要です。

・関連記事
iPhone/Androidなどスマートフォンの通信・通話をすべて盗聴可能にする「FINSPY MOBILE」 - GIGAZINE

インターネットやLAN経由でリモート監視ソフトを送り込む「FinFly LAN」 - GIGAZINE

メールアドレスしか分からない相手のPCを遠隔支配できる「FinFly WEB」 - GIGAZINE

アップデートに偽装してリモート監視ソフトをインストールしてくる「FinFly ISP」 - GIGAZINE

USBメモリを挿すだけで相手の情報を誰でも簡単に全部コピーできる「FINUSB」 - GIGAZINE

USBメモリを挿すだけでPCのリモート監視が可能になる「FinFly USB」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse