針を刺す部分と台とが完全分離してどこにでも針を刺せるステープラー「Align」


書類の真ん中をステープラーで綴じたいのに、長さが足りずに届かない……ということがよくありますが、そんな時に便利なのが上下を2つに分解できる「Align」。マグネットでくっついており、下半分を完全に取り外せるため、書類だけでなく壁などに対しても使用可能です。

quirky - Align
http://www.quirky.com/products/310-Align-detachable-stapler

大きさは160mmx50mmx33mm。本体はプラスチック製ですが、グリップはTPE(ゴムのような素材)でできており、滑りにくくなっています。


Alignは分解できるステープラー。こんな風にぱかっと2つに割れます。


通常、ステープラーは本体の長さによって使用できる場所が制限されますが、Alignは紙の真ん中であっても問題なく書類を綴じることがきます。このようにAlignの下半分を書類の下に敷き……


上からパチンと綴じます。


また、壁に対しても使用可能なので、ポスターなどを貼るときにも便利です。


使用しない時はマグネットでしっかりと一体化。使用用途によって大きさの違うステープラーを使い分けたりする必要がなく、非常に便利です。

・関連記事
ペンやハサミをゴムの隙間に挿して整理する文房具立て「Pen Zen」レビュー - GIGAZINE

苦節10年、指先に着用する特殊なハサミ「Clawz」を発明したシザーハンズ式ヘアカットの達人 - GIGAZINE

文明崩壊後のサバイバルから日曜大工まで、あらゆる場面に役立つ便利道具を手のひらサイズに収めた最強のマルチツール「レザーマンチャージ」レビュー - GIGAZINE

ホッチキスの針だけで摩天楼を表現した執念のアート「Ephemicropolis」 - GIGAZINE

針にキャラクターが描かれたホッチキスなど、ローソン「けいおん!!」フェアの雑貨いろいろ - GIGAZINE

50

in デザイン, Posted by logq_fa