2万発の花火が夜空を彩る秋田大曲の「全国花火競技大会」フォト&ムービーレポート


秋田県大仙市で行われる「全国花火競技大会」、通称「大曲の花火」は100年以上の歴史を誇り、80万人近い人が日本全国から集うという、盛大な夏の風物詩です。というわけで、「日本三大花火大会」の1つにも数えられるこのイベントは一体どれほどスゴいのか確かめるために、実際に現地まで行ってみることにしました。

昼花火の部に続いて夜のとばりが降りると夜花火の部が始まります。


空には月が出ています。


80万人近い人が詰めかけている会場はこんな感じ。


ナイヤガラと打ち上げ花火が同時に上がり夜花火の部がスタート。


打ち上げ場所と観覧席が近く、辺りを山に囲まれているため大迫力のさく裂音が響き渡ります。


夜空を焦がす色とりどりの花火の様子は以下でまとめてチェックしてみてください。



フィナーレの特大スターマインをムービーは以下で見られます。

「大曲の花火」フィナーレ・特大スターマインを撮影してみた - YouTube


大玉7号100連発付スペシャルスターマイン - YouTube


2011年度内閣総理大臣賞受賞者による特別プログラム「さあ夢の世界へ!!」 - YouTube


というわけで、大迫力の花火を間近で打ち上げられ、周囲に強い光を放つ街や建物もないため非常に花火がキレイに見られて、なおかつこれでもというくらいに大玉を連発するスターマインなどの迫力満点の内容になっているので、花火好きならずとも一生のうちに一度は見ておきたいと言えるレベルの大会です。

・前の記事
第86回全国花火競技大会「大曲の花火」で、煙竜や煙菊などの昼花火の部を見てきた


・関連記事
第60回伊勢神宮奉納全国花火大会、花火打ち上げまでの会場の様子を撮影してきた - GIGAZINE

全国から集まった花火師が匠の技を競い合う「伊勢神宮奉納全国花火大会」のムービー&写真まとめ - GIGAZINE

2012年「PL花火芸術」、無数の人が路上を埋め尽くす混雑の様子をレポート - GIGAZINE

2012年PL花火クライマックスムービー、辺りがまるで昼間のような明るさに - GIGAZINE

巫女さんが舞い、橋の下をくぐりまくり、花火も上がる天神祭の船渡御の船に乗ってみた - GIGAZINE

132

in 取材,  動画, Posted by darkhorse_log