デザイン

自転車のフレームに伸縮性のあるベルトを巻き付け荷物入れを作るアイディア「Reel」


自転車のフレームに伸縮性のあるベルトを巻き付けて荷物入れを作る、という製品のコンセプトデザインが「Reel」です。このデザインを考案したのはYeongkeun JeongさんとAareum Jeong さんで、サイトにある説明によれば「フレームの三角形の部分を手荷物の入れ物に変身させることが可能」とのこと。

必要なのはシリコン製の滑り止めと伸縮性のあるバンドです。


装着手順は滑り止めをフレームに貼り付け、その間に伸縮性のあるバンドを巻き付けていくだけ。


一連の流れを解説した写真は以下の通り。


アイディアスケッチはこんな感じ。


写真に糸を縫い付けてデザインをチェック。


さまざまな自転車に「REEL」を取り付けるとどうなるか? というのを検証している様子。


いろいろな素材をテスト。



東急ハンズやユザワヤなどで販売している材料で作れそうなシンプルな構造なので、興味のある人は自作にトライしてみてください。

・関連記事
自転車でヤギを運ぶ斬新な方法 - GIGAZINE

まるで前衛アートのようなデザインの自転車用見えないエアバッグ「Hövding」 - GIGAZINE

絶対に街では見かけない奇妙な自作自転車10台 - GIGAZINE

「ラクダ型自転車」や「毛むくじゃら自転車」など、奇妙奇天烈な自転車10台 - GIGAZINE

フレームが木でできた自転車いろいろ - GIGAZINE

in デザイン, Posted by darkhorse_log