複数の長い列ができているとき、どの列に並ぶのが本当はベストなのか?

By tom.arthur

買い物に行った際、急いでいる時に限ってレジが混んでいたりしてイライラするものですが、実はレジが混むのには理由があるのです。「The Wall Street Journal」では、どうしてレジが混むのかを人の行動特性に着目し、明らかにしています。

Find the Best Checkout Line - WSJ.com
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204770404577082933921432686.html


◆列に並ぶ時間の算出方法

By E. Bartholomew

John D.C. Little氏の公式「(既にレジに並んでいる人数)÷(1分間にレジに到着した人数)=レジでの待ち時間(分)」を使えばだいたいどれくらい待てばレジを済ませられるのかということがわかるようです。

◆レジに並んでいる時間というのは、実際の時間よりも長く感じる

By Freekz0r

3分以上レジを待つ列に並んでいると、時間が経つごとに実際の時間の経過よりも待っている時間を長く感じるようになります。例えば列に5分並んでいる者は「その倍の10分にも感じた」と言うそうです。

◆ついつい手を伸ばしてしまう商品

By *Grant*

食料雑貨店のレジの横にはかわいいぬいぐるみやギフトカードなどが置いてありますが、買い物客がレジを待つ列に並んでいるときの気を紛らわせるようにと、他の店もこの手法を取り入れています。

◆男性は女性よりもあきらめやすい

By John Swords

男性は女性よりも列に並ぶことをあきらめてしまう傾向が強いようです。男性は2分を過ぎるとレジを待つ時間を実際の時間よりも長く感じ始めますが、これは女性が3分を過ぎるとそう感じるのと比べると短い時間です。

◆スタッフを増やすことでレジの混雑を解消

By Wyscan

店によっては休日などに特別な従業員を雇い、買い物客の補助をしているところがあります。例えば、GAP社傘下の衣料品小売店である「オールド・ネイビー」では、大勢の買い物客がくるピーク時間には「次にどのレジがあくのか」をガイドする人を雇うなど、買い物客がスムーズにレジに行けるよう配慮しています。

◆短い列には短いだけの理由がある

By John Swords

レジを待つ列が短いのには、それだけの理由があるものです。恐らくその列の進みが極端に遅いのか、レジ担当がおしゃべりだという理由でその列をあきらめる買い物客がいるとのことです。

◆実は、レジは一列縦隊の並びが複数の列の並びよりも効率的である

By nateOne

一列縦隊の並び、いわゆる「フォーク並び」で3つのレジを設置している場合は、3つのレジそれぞれに列を作る場合よりも約3倍速くレジでの支払いが終わるそうです。複数の列が形成される場合、3つの列のうち少なくとも1つは値段を確認する作業が生じたりして列の進みが遅くなるのですが、その場合その列に並んでいる人は延々と待たされるようになってしまいます。一方、一列縦隊の並びならば列の渋滞を発生させるような買い物客がいたとしても、列に並んでいる他の買い物客はすいている別のレジに行くことができるので、待つ時間は少なくて済むようになります。

そして、これらの知識を駆使すれば、本当はどうすればいいのかが分かるようになり、より賢い選択ができるようになる、というわけです。

・関連記事
下着姿で買い物をすると服が無料になるセール、真冬にもかかわらず人が殺到 - GIGAZINE

女性は買い物で年間約4万8000キロカロリー消費する - GIGAZINE

広告効果抜群、持ち歩くのも楽しいユニークな買い物袋いろいろ - GIGAZINE

なぜIKEAで余計なものを買ってしまうのかという秘密を解説した「誰がIKEAで買い物を楽しんでいるのか?」 - GIGAZINE

はるか遠くの買い物カゴに商品を投げ入れるショッピング方法 - GIGAZINE

52

in メモ, Posted by darkhorse_log