Googleの検索結果にボタン付きの「電卓」出現、複雑な計算も一発で可能に


Googleで数式を検索するとその答えが検索結果に出てきていましたが、本家のGoogleではついにクリックできるボタンが付いた「電卓」が表示されるようになっています。これを使えば関数電卓のように√計算や「sin」「cos」などの三角関数の計算も、より手軽に行えるようになっています。

Googleの検索窓に「10+10」と入力し、下部にある「Google.com in English」をクリックすると……


このように検索結果に電卓画面が登場し、答えである「20」もバッチリ表示されるようになっています。


√計算や三角関数の「sin」「cos」「tan」も計算可能、それに「()」なども組み合わせれば、このような複雑な計算もすぐにできるようになっていて、これは便利。


なお、以前よりGoogleの検索窓にはすでにグラフ機能が搭載されており、海外フォーラムの書き込みによると、以下の数式をGoogleで検索すると、見たことのあるようなマークになります。

2*sqrt(-abs(abs(x)-1)*abs(3-abs(x))/((abs(x)-1)*(3-abs(x))))(1+abs(abs(x)-3)/(abs(x)-3))sqrt(1-(x/7)^2)+(5+0.97(abs(x-.5)+abs(x+.5))-3(abs(x-.75)+abs(x+.75)))(1+abs(1-abs(x))/(1-abs(x))),-3sqrt(1-(x/7)^2)sqrt(abs(abs(x)-4)/(abs(x)-4)),abs(x/2)-0.0913722(x^2)-3+sqrt(1-(abs(abs(x)-2)-1)^2),(2.71052+(1.5-.5abs(x))-1.35526sqrt(4-(abs(x)-1)^2))sqrt(abs(abs(x)-1)/(abs(x)-1))+0.9


これが計算結果。


なお、ボタン付き電卓機能はそのうち日本語版Googleにも搭載されると思われます。

・関連記事
Googleロゴのモーグ・シンセサイザーでドラゴンクエストの序曲を弾いたムービー - GIGAZINE

Googleの広告枠を買っているのが一体どこの誰なのかよくわかる図 - GIGAZINE

Googleマップが大幅にリニューアルしてAndroid版はオフライン利用が可能に - GIGAZINE

Googleの自動運転カーほぼ完成、最初のドライバーを乗せて手ぶら走行中のムービー公開 - GIGAZINE

2万円台のGoogle独自OS搭載初のデスクトップPC「Chromebox」が新発売、起動時間はわずか7秒 - GIGAZINE

74

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log