ハードウェア

iPhone/iPad/iPodにファミコンっぽいコントローラーをくっつけて家庭用ゲーム機のようにするドック「GameDock」


iPhoneやiPadでゲームをプレイするときにタッチパネルでの操作がうまくいかず、歯がゆい思いをすることがよくありますが、iPhoneのゲームをコントローラーを使ってまるで家庭用ゲーム機のようにプレイできるようにしたのが「GameDock」です。iOS4以上のデバイスならiPhoneやiPad、iPodのいずれでも使用可能、テレビに接続すれば大画面でのプレイが可能になります。

GameDock for iOS Devices :. Coming Soon

GameDock for iPhone, iPad, and iPod Devices by Cascadia Games LLC — Kickstarter

GameDockはiPhoneのゲームがコントローラーを使ってプレイできるようになるiPhoneドックです。


iPhoneの他、iPadやiPodでも使えます。ちなみにiPhone5の場合、Apple社が出してくれるであろうアダプターを使ってプレイ可能になるハズ、とのこと。


GameDockはiPhoneだけでもプレイできますが、テレビにつなげると大画面でのゲームプレイが可能に。


コントローラーはファミコンっぽい懐かしいタイプ。


ドックの大きさは幅が約10センチ、高さが約3センチ、奥行きが約10センチです。


以下がプロトタイプ。


左のプロトタイプ商品化すると右の写真のようになります。


ムービーは以下から。

GameDock for iPhone, iPad, and iPod Devices - YouTube


こちらがGameDockを開発した2人。CHRIS JORGENSENさんとANDI GREISELさんです。


こちらがプロトタイプ。真ん中にiPhoneドックコネクタがついています。


奥にはテレビと接続するためのコネクタが。


コントローラーはドックの前方に接続します。


ゲームは2人までのプレイが可能です。


100種類以上のゲームアプリをダウンロードすることができる予定とのこと。


また、ゲームのアップデートも可能です。


GameDockの使い方は以下から。

GameDock: Setup and Play - YouTube


テレビに接続して使用する場合、まずHDMIアダプターを差し込み、続いて電源コードとHDMIケーブルを差し込みます。


コントローラーのケーブルは前方に差し込みます。


ドックコネクタにiPhoneを差し込んで準備完了。


あとはアプリからゲームをセレクトすればプレイできます。


また、この時Bluetoothで接続してゲームをプレイすることも可能です。


なお、GameDockは現在Kickstarterで商品化のために資金集めをしている最中です。締め切りは現地時間で8月16日。125ドル(約1万円)の投資によって商品化した際にGameDock本体とHDMIアダプター、コントローラー2つの1セットがもらえ、増額するともらえるセットの数を増やすことが可能。またアメリカ国外への出荷の場合、別途20ドル(約1600円)が必要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Androidのゲームがコントローラでプレイ可能になる携帯ゲームパッド「PlayPad」 - GIGAZINE

iPhone/iPad/iPodをキャラクターっぽく変身させる「MOBOTO」 - GIGAZINE

iPhoneを使って誰でもギターが弾けるようになる「gTar」 - GIGAZINE

iPhone/iPodを扇風機にする「dock fan(ドックファン)」 - GIGAZINE

「iPhone 4S」をワイヤレス充電可能に改造してしまう方法 - GIGAZINE

ヴィンテージのカメラを再利用したレトロで個性的なiPhoneドック - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.