マクドナルドの実物とかけ離れた商品写真の撮影手順を詳細にレポートしたムービー


「どうして商品写真とお店で出てくるハンバーガーはあんなにも見た目が違うの?」というお客さんからの質問を受けて、実際にマクドナルドが商品写真をどのように撮影しているのかを詳細にレポートするというムービーがYouTubeに公開されています。

Behind the scenes at a mcdonalds's photo shoot - YouTube


マクドナルド・カナダでマーケティングを担当しているHope Bagozziさん。


マクドナルド・カナダではお客さんからの質問に答える「Our food. Your questions.」という企画があるのですが、そこに「どうしてマクドナルドの食べ物は、広告で見るのとお店で見るのとがあんなにも違うの?」という質問が投稿されました。


Bagozziさんはこの質問に答えるべく、お店に足を運びました。


店頭でクォーターパウンダー・チーズを購入。


チーズバーガーよりも大きいバーガーです。


このバーガーを持って、お店を後にしました。


車で向かった先は……


Watt Internationalという撮影スタジオ。


お世話になるのはフードスタイリストのNoahさん。


そして、カメラマンのNeilさん。


まずはバーガーを手渡して、撮影してもらいます。


セッティングして……


撮影した写真がコレ。普通にお店で買ったバーガーという感じ。


もちろん商品写真に比べるとあちこちがダメ。ということで、ここからプロの仕事が始まります。


パティの焼き方は周辺をじっくりと焼いてから。


ぎゅっと焼き目をつけます。


ピクルスは1枚ずつチェック


マスタードも準備済み


バンズの山


クォーターパウンダー・チーズを形作っていきます。ちなみに、チーズはこの時点ではプレーンな状態。


ピクルスを置いたところでバランスをチェック


細かく調整しながら進めていきます


チーズの置き方にもこだわります


完成度は7割といったところ


なにやらハケで塗っているようです


上のバンズを載せて、形は完成。


ドライヤーでチーズをあたためて溶かします


見栄えがよくなるように、表面に油を塗っているようです。


チーズの見え方などをまた細かくチェック


ケチャップは注射器で狙ったところに注入


見栄えをチェック、これでOK


これが最終的にOKとなった写真、最初とはまったく見た目が異なります。


続いては……


イメージスペシャリスト、Stuartさんの出番です。


写真の修整を行っていきます


左が最初に撮影したもの、右が最終的にOKとなったもの。


このOK写真に、さらに手を加えます。コレはバンズの細かい穴を消しているところ。


チーズの歪んだ輪郭も修整


さらに色を整えたりして、商品写真として完成。左が買ってきたバーガーを撮影したもの、右が撮影用に作り上げたバーガーを撮影してさらに修整を加えたものです。もはや別物……。

・関連記事
マクドナルドのハンバーガーのレシピを入手 - GIGAZINE

日米のマクドナルドで購入できる最も大きいバーガーのサイズを比較してみた - GIGAZINE

1個1万円を超える究極のハンバーガー「フレンチバーガー・デュ・マリアージュ」を食べに行ってきました - GIGAZINE

食べ物の写真をおいしそうに自動補正してくれる無料ウェブサービス「超!美味しく変換」 - GIGAZINE

9歳少女が撮影したひどい給食写真が広がり給食メニューが改善へ - GIGAZINE

上手にマクロ撮影をするための10個のヒント - GIGAZINE

279

in 動画,  , Posted by logc_nt