スマホに貼り付けるだけで裸眼3D視聴を可能にする「Picasso 3D フィルム」


角度によって見せる内容を微妙に変えることで左右の目に異なる映像を届け立体的に認知させる「視差バリア」と呼ばれる方法を使って特殊なメガネなどを使用しなくても裸眼で3D映像や写真を見られるようにするフィルムのデモがワイヤレスジャパン2012の会場で行われていたので、立体感をチェックしつつ撮影をしてきました。

発売元の日本システムプロジェクトのブースはこんな感じ。


「貼ると出る!!」というストレートな表現で機能を説明しているポスターが貼られています。


iPhone 4/4S」「iPod touch用」は各税込3990円で発売中。「GALAXY S2用」はプロトタイプで、他にも「PS Vita用」、「Mac Book Air用」、「iMac用」、「Let's Note用」などが開発中とのことです。


手持ちの3Dコンテンツがなくても無料アプリの「PicassoCam」を使えばスグに立体視用の画像を作成できます。


左右に端末をズラしながら2枚写真を撮影すれば・・・・・・


アプリが自動で合成を行って立体視用の画像を作成します。


実際に端末に貼り付けて見るとこんな感じ。サイドバイサイドに対応したYouTubeのムービーや専用アプリで再生した映像を3Dで視聴可能。


フィルムの端はこうなっています。


パッケージはこんな感じ。


フィルムそのものはグレーの「ペラペラ」とした板です。


堅めの素材で、一般的なフィルムよりもやや厚め。


実際に立体視を試してみたところ、3D専用端末に比べるとやや立体感が弱いような印象はあるもののフィルムを手持ちのiPhoneなどに貼り付けるだけで使用できるのが便利。専用機を買う程ではないけど裸眼3D表示を試してみたい、という人におすすめの製品です。

・関連記事
特殊なメガネは不要の「インテグラル立体テレビ」をNHKの技研公開2009で体験してきました - GIGAZINE

YouTubeに3D変換機能が追加、時間無制限化に待望のレジューム機能も - GIGAZINE

東芝が世界初の裸眼3D対応テレビを発売へ、3Dメガネが不要に - GIGAZINE

立体映像による「立体テレビ」の放送が2025年に開始予定 - GIGAZINE

Kinectでスクリーンに投影した物を操作できる3D立体プロジェクターシステム「MirageTable」 - GIGAZINE

46

in 取材,  モバイル,  ハードウェア, Posted by darkhorse_log