「ハリー・ポッター」のホグワーツを再現したアトラクションがUSJに2014年後半登場


USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が「ハリー・ポッター」シリーズの舞台を再現したアトラクションを新設すると発表しました。開業は2014年夏の予定で、約450億円を投資して現在のUSJ敷地内に新エリアを増設するとのこと。映画の世界に入り込んだような体験ができるリアルなつくりが特徴で「ホグワーツ魔法魔術学校」などが再現される予定です。

USJ内での記者会見で発表が行われました。


「STAGE 33」という建物の中で行われます。


内部はこんな感じ。


今日の発表を行う株式会社ユー・エス・ジェー代表取締役グレン・ガンペルさん。


「今後10年間で48万人の新規雇用を創出する予定です。また、日本全体への経済波及効果の試算は5兆6000億円にもなります」と予測を語りました。


ゲストとしてロン・ウィーズリーの兄である双子のムードメーカーとして劇中に登場した
ジョージ・ウィーズリー役のオリバー・フェルプスさんとフレッド・ウィーズリー役のジェームズ・フェルプスさんが登場。


ジェームズさんが「オープニングが待ちきれません」と語る様子は以下のムービーで見られます。

ハリポタ新アトラクション発表会 - ジェームズ、オリバー役の2人が登壇 - YouTube


大阪府知事の松井一郎さんも登壇。ガンペル社長に「大阪府もいろいろとサポートしていきたい」と協力を約束。


安倍晋三さんもビデオメッセージをよせ「USJのハリー・ポッターのアトラクションには海外の方々にも来ていただき、大阪の街、日本を知っていただく機会になれば」と話していました。


ホグワーツ魔法魔術学校も登場し、全員でポーズ。


会場に集まった人々で魔法の言葉「リベリオ」を唱えている様子は以下で見られます。

USJの「ハリー・ポッター」新アトラクション発表会 - YouTube


なお、米国フロリダ州で既にオープンしている「ハリー・ポッターの魔法の世界」(The Wizarding World of Harry Potter)の様子は以下のムービーでチェックできます。

Harry Potter and the Forbidden Journey Reaches Major Milestone | The Wizarding World of Harry Potter | Media


映画「ハリー・ポッター」シリーズは日本でも全体で7800万人の観客動員数を誇るメガヒットだったとのことなので、テーマパークの本格稼働後はUSJのみならず、大阪全体への観光客増加にもつながるかもしれません。

・関連記事
ハリー・ポッターのテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」が6月18日にオープン、「ハリー・ポッターと禁じられた旅」も登場 - GIGAZINE

「ハリー・ポッター」シリーズに出てくるデス・イーターの仮面いろいろ - GIGAZINE

「ハリー・ポッター」から「ユリシーズ」まで、本の虫のためのリサイクル・ハンドバッグ - GIGAZINE

JK・ローリングがハリー・ポッター誕生時に使用していたイスがeBayで販売中 - GIGAZINE

「ハリー・ポッター」という名前のせいで人生を狂わされた青年 - GIGAZINE

in 取材,   動画,   映画, Posted by darkhorse_log