マウスを高級レザー使用の本革張りで仕上げた「KAWANEZUMI(革鼠)」


PCの周辺機器は毎日毎日使うからこそ、自分なりの特別なものが欲しくなります。そこで登場したのが、総本革張りのマウス「KAWANEZUMI(革鼠)」。革なので使えば使うほどに手になじみ、愛着も沸くアイテムとなっています。

和櫻工房(わざくらこうぼう)/Atelier Wazakura 総本革張りマウス「KAWANEZUMI(革鼠)」

マウスはMicrosoftの光学式ワイヤレスマウスをベースにしています


使用している革は鞍にも使われていた高級素材のサドルレザー。革の表面と裏面を組み合わせて作られており、手のひらを置く部分は革の裏面が張られています。


本革なので、使用者それぞれの指の形、力の入れ具合によって自分だけのマウスへと変化していきます。使えば使うほどに味が出てくるというのは使い甲斐がありそう。価格は税込7350円となっています・

総本革張りではないものであれば、このように一部だけ革張りのマウスがあったりします。これも使い込むのが楽しそう。

by shimmertje

ちなみに、KAWANEZUMIを作っている和櫻工房はかつて本革張りのキーボード「HONKAWA(本革)」を作ったメーカーで、最近は休んで充電期間にあてていましたが、このKAWANEZUMIで復活したとのことです。

以前作っていた革張りキーボードの1つ、「GOKUKAWA(極革)」。


復活第1弾商品がこのマウスとのことなので、今後、PC周辺機器をレザーに染め上げることも可能になるかも。

・関連記事
11ボタンを備えサイズ、重量を変更できるマウス「Cyborg M.M.O.7 」レビュー - GIGAZINE

プレゼンのスライド操作もできる約25グラムの角形マウス「Cube」レビュー - GIGAZINE

巨大で光って感覚が狂うビッグマウス「USB “BIG” MOUSE」を使ってみた - GIGAZINE

親指で操作する指輪型マウス「Genius 2.4GHz Wireless Ring Mouse」 - GIGAZINE

本当に透明ガラス製マルチタッチキーボード&マウスを作ることが決定 - GIGAZINE

すべてのMac OS Xのマウスの移動にはタイムラグが存在している - GIGAZINE

19

in ハードウェア, Posted by logc_nt