iPadっぽいデザインの万能まな板「Almighty-board」

by Donald Clark

2020年になれば定番の調理器具であるまな板すらも家電化してしまうかもしれないということでデザインされたのが、スマートフォンならぬスマートまな板「Almighty-board」です。

Jaewanworks - Almighty-board

デザインしたのはJae-Wan Jeongさん。まな板を使っていると裏側が汚れてしまい、裏返したときに不衛生なのではないかということから、新しいタイプのまな板はできないかと考えたもの。ラフデザインを見ると、両端に厚みを持たせて中央を浮かせるデザインとして考えたのがわかります。


その結果誕生したのがコレ。3辺が盛り上がった形になっていて、肉と魚でまな板の表と裏を使い分けたりできて、かつ、裏面が直接机やシンクに触れることはありません。


「2020年のスマートまな板」というコンセプトなので、本体に計量機能が追加されていて、レシピを表示させることも可能になっています。


使っていないときはタブレット代わりにしておくこともできます。


スマートフォンやタブレットではひっかき耐性が高く傷のつきづらい素材が使用されていますが、包丁を強く押し当てることもあるまな板に使用するのはちょっと不安がありますね……。

・関連記事
ガチャピン&ムックがキッチン雑貨に変身、台所が賑やかに - GIGAZINE

鉄製フライパンの3分の1、とにかく軽いチタン製フライパンを使ってみた - GIGAZINE

カチカチに凍った食材をそのまま切ることができる「冷凍食品用包丁」レビュー - GIGAZINE

キッチンでの料理や掃除にまつわる、実はちょっと注意した方がいい行動6パターン - GIGAZINE

居酒屋によくあるカリカリの「鶏皮せんべい」を10分以内に60円で作る - GIGAZINE

とろけるように柔らかい「豚の角煮」を手抜きで作る - GIGAZINE

30分以内においしいタンドリーチキンを作る方法 - GIGAZINE

in ハードウェア,   デザイン, Posted by logc_nt