取材

1分間に500本のソーセージをひたすら黙々と作り続けてくれる巨大マシーン


工場の1区画からそのままやってきたような高速ソーセージ生成マシーン「PLH216型(ALシステム)」が総菜デリカ・弁当・中食・外食業界の業務用展示会「第15回FABEX(ファベックス) 2012」でデモンストレーションを行なっていたので、次々とソーセージを作り出す一部始終を見せてもらってきました。

まずは、毎分500本の速度で具を詰めてハンガーにかけていく作業を全自動で行う様子を約10秒のムービーでチェックしてみてください。

毎分500本のソーセージが作れる巨大マシーン - YouTube


この巨大な装置全体がテラダ・トレーディングがドイツのハントマン社から輸入して販売を行なっているもので、価格は税込み約2500万円とのこと。


中身を詰め終えたソーセージをひっかけるハンガーがついており、さらにオプションを購入すればくんせいを作るための「スモークハウス」に自動で送りこむ装置などと連携させることも可能。


展示では生肉を使うわけにいかないので、一般的なソーセージ用の材料と同じ程度の柔らかさに作った人口樹脂を使用しています。


具材を入れるケースはこんな感じ。実際に使用する場合にはここに肉が山盛り入るというわけ。


以下のように本体とアームでつながっており、持ち上げることができるので材料の投入がラク。


投入口は漏斗(ろうと)状になっています。


ソーセージのサイズは日本語化されたインターフェースで操作できます。太さは13ミリから50ミリの間で設定可能。


この部分で腸に具を詰め込む作業を行ないます。


できあがったソーセージはこんな感じでハンガーへ。


きちんとソーセージができあがっています。


なお、この装置は可動速度を最大まで上げれば毎分550本の生産も可能だそうですが、その領域に達するには細かい設定の試行錯誤や具材の柔らかさの調整などが必要とのこと。ソーセージそのものに具を詰める作業に「職人芸」は必要のない時代になりましたが、マシンと具の設定を適切に保っておいしいソーセージを作るためには匠の技が欠かせないようです。

・関連記事
赤身だらけのビーフをおいしくしたり、ハム・ベーコンを作るためにピックル液を注入したりする巨大機械「ツカコム560-5H」 - GIGAZINE

時速3300カンでシャリを握り、最高毎時400本で海苔巻きができるスシロボットたち - GIGAZINE

全裸のソーセージ泥棒、防犯カメラの映像により逮捕される - GIGAZINE

日本食研ソーセージ工場見学:ピンク色に輝く「プロージット」生地に職人魂を見た - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   , Posted by darkhorse_log