ムービー

「シムシティ」最新作のGlassBoxゲームエンジン解説ムービー、1つの要素がゲーム全体に影響を与える


自分で好きなように街を作れる箱庭ゲーム「シムシティ」の最新作が2013年に発売されます。Maxisが開発したシムシティシリーズとしては、2003年に発売された「シムシティ4」以来10年ぶりの新作となるため、多くのファンが期待を寄せています。

本作ではMaxisの3Dゲームエンジン「GlassBox」が採用されていて、シム世界を真の意味でシミュレーションできるようになっています。このGlassBoxエンジンでどんなことができるのか、ゲームプレイエンジニアのDan Moskowitzさんが解説するムービーがYouTubeにアップされています。

シムシティ|EA Japan
http://www.ea.com/jp/sim-city



SimCity Insider's Look GlassBox Game Engine - Part 1 - YouTube


解説してくれるのはエンジニアのDan Moskowitzさん。


このムービーに登場するグラフィックはまだ完成版ではありません


火力発電所(ユニット)に石炭(リソース)を投入


発電所が稼働し、発電が始まりました。


火力発電所が動き始めたことで、煙突から煙が上がり始めました。


また、電気が来るようになったことで、工場も動き始めました。


次は消防署を設置してみます


消防署ユニットを置くだけでもOKですが、自分でいろいろパーツを組み合わせることもできます。


鐘楼や旗竿のある、立派な消防署になりました。


マップに森を作っています


森林は大事な資源の一つ


資源は目に見えている部分だけではなく、石油などのように地中にも存在します。


街の様子、すべての人はそれぞれ「エージェント」として扱われます。


乗り物も同じように「エージェント」です


エージェントはリソースを運びます


大量のエージェントが行き来しています


これまでのシムシリーズではシムの動きのシミュレーションは乱数表を用いた「シミュレーションもどき」だったので、シムの動きは一定パターンに収まるものでした。しかし、GlassBoxエンジンはデータ駆動でシムや環境をシミュレーション。たとえば、先ほどの「発電」のように、1つ1つのルールが独立して動くのではなく他に影響を与えるようになっていて、すべての要素がゲーム全体に絡んでくるというわけです。


エージェントが電気を運んでいるところ


水も同じようにエージェントが運びます


シムシリーズではおなじみの「住宅地区」「商業地区」「工業地区」というゾーン分けは健在


ゾーンデベロッパーがルールに従ってユニットを作っていきます


そしてエージェントがリソースを運んできます。まさに現実と同じようにシム世界が発展していきます。


ゲームは2013年発売予定。もちろん日本でも発売される予定となっています。


本作はマルチプレイにも対応。おのおのの都市がリンクして相互に影響を与えあうので、周りの都市がどういうものかも重要になってきます。

2013年発売「シムシティ」最新作アナウンストレイラー - YouTube


発売が待ち遠しい……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
古代摩天楼都市シバームの幻想的な町並 - GIGAZINE

美しくて心が落ち着く大都市の景観壁紙30枚 - GIGAZINE

年に何度も洪水に見舞われる水の都ヴェネツィアを上空から撮影した美麗な風景写真 - GIGAZINE

風力発電用風車のついたバーレーン世界貿易センターの写真 - GIGAZINE

世界の最もきれいな都市トップ25 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.