100円で鳥の唐揚げが食べ放題の居酒屋「有鳥天酒場」に行ってきた


アフリカ象とほぼおなじ重さという約7トンの鶏の唐揚げを1年間で販売した、という「有鳥天酒場」。このお店では平日17時から23時は100円で鳥の唐揚げが食べ放題となっており、1ヶ月に2万個もの量が食べ尽くされているそうです。という訳で本当においしい唐揚げが食べられるのか、それともただ量が多いだけなのかを確かめるべく実際にお店に行って食べてみることにしました。

店舗の住所は東京都千代田区内神田3-5-1 大蓄ビルB1。

大きな地図で見る

最寄りは山手線の神田駅。西口を出て徒歩3分くらいの所にお店があります。


夜のとばりがおりた街を進んでいきます。


「有鳥天酒場」の外観はこんな感じ。


お店の前には「からあげ食べ放題 100円」の看板が出ています。


地下一階にあるお店の中はこうなっています。19時頃に入店したので、仕事帰りと見られるサラリーマンたちでごったがえしています。


カウンター席はこんな感じ。


100円の唐揚げ食べ放題を注文する場合の注意点は、唐揚げ以外の料理1品とお酒1杯をそれぞれ注文しなければならない点。頼みすぎて残した場合にはペナルティもあるようです。


メニューは鶏肉が中心。焼き鳥、揚げ物、刺身など幅広くそろっています。


唐揚げを注文すると以下の様な札が机の上に立てられるので、後は一皿を食べきるごとにお替わり注文すればOK。


一回目の注文はこんな感じ。唐揚げのみで攻めたい気持ちを抑えて、ドリンクや食事もちゃんと注文しました。


1皿目の唐揚げはこんな感じ。


「iPhone 4S(写真上)」と比較するとこれくらいの大きさ。お弁当などに入っているものと同じくらいのごく普通のサイズで、かぶりつけば何とか一口で食べきれる大きさ。


ちゃんと揚げたてで、表面はカリカリです。


中身はこんな感じ。脂が乗ったもも肉でなかなかジューシー。おつまみとして作られているので、かなり濃いめにしょうゆで味付けがされています。


通常よりウィスキーを多めにいれた「トリハイ 有鳥天(税込み450円)」をのみつつ唐揚げをパクつくとちょうどイイ感じ。


「だし巻き玉子(税込み380円)」はそこそこボリュームがありますが、出汁の味や香りはそれほど強くなくちょっと微妙。


「とりわさ(税込み380円)」は舌に吸い付くような柔らかい肉が使われており、ワサビのサッパリとした刺激と相まって箸が進みます。


2皿目の唐揚げをお替わりしました。通常は1名につき2個ずつの追加になるそうですが「たくさん食べたいです」とお願いしたところ4つにしてもらうことができました。


今回もしっかりアツアツです。


テーブルに一味唐辛子があるので味に変化が欲しいときは1振りするのがおすすめ。


お皿には毎回マヨネーズが盛られているので、これをつけると少しチキン南蛮っぽい雰囲気になります。


からしマヨネーズにするとかなり別物の味付けになりますが、鶏肉そのものの味はかき消されてしまうので微妙……。


立て続けに3皿目を注文。注文のしすぎで店員さんの機嫌を損ねてしまったのか、ただの偶然かはわかりませんが、今度は2個しかありませんでした。


あまり唐揚げばかり食べる訳にもいかないので「ささみ明太あえ(税込み380円)」も注文。


半生のささみに明太のピリっとした辛みがマッチしてお酒が進む味です。


クエン酸が入った疲れに効く一杯、という「トリハイ お疲れ酸(税込み380円)」を飲んでみることにしました。


見た目はごく普通のハイボールですが、飲んでみるとやや酸味がキツくなっています。とは言え、通常のハイボールもレモンを搾って飲んでいるのでそれほど大きな差は感じられません。


ある程度他のメニューを消化したところで4皿目の唐揚げを注文。


1日に平均1000個近い量を販売しているだけあって、クオリティは一定。頼んだタイミングによってサイズや味が大きくブレたりすることはないようです。


唐揚げの食べ過ぎで口の中が脂っこくなってきたので「さっぱりセロリ漬け(税込み380円)」を追加。よく冷えたシャキシャキのセロリのおかげで口の中の脂っこさが少しリセットされた感はありますが、味が濃いめなのでサラダのような感覚で大量に食べるとスグに水が必要になってしまいます。


と言う訳で、お水をもらいました。氷がたっぷりでよく冷えています。


ここまでくるとさすがに満腹に近かったので「唐揚げ2個」を注文したのですが、今度はなぜか4個が盛られた皿が登場。いよいよトドメを刺しにきたということかもしれません。しかも、ほんの少しだけ、大きめのものが多い気がします……。


合計17個の唐揚げを完食してこの日は終了。これだけの量を食べても唐揚げの代金は100円というのは間違いなくお得です。


とにかく鶏の唐揚げを満腹になるまで食べたい、という人にはおすすめなのでチェックしてみてください。

・関連記事
全22種類ものタコ焼きが食べ放題の「たこ蔵」に行ってみました - GIGAZINE

500円で食べ放題な「バイキングレストラン上賀茂」に行ってみました - GIGAZINE

時間制限無し食べ放題の回転寿司「Ryugu亭」でたらふく食ってみました - GIGAZINE

カモを好きなだけ食べることができる「鴨しゃぶ食べ放題」をしている「しゃぶしゃぶ温野菜」に行ってきました - GIGAZINE

焼きたてのピザやできたてのパスタが食べ放題の「ピザハット・ナチュラル」突撃試食レビュー - GIGAZINE

全国で唯一ケンタッキーフライドチキンが食べ放題の「カーネルバフェ」に行ってきた - GIGAZINE

カキフライ・生牡蠣・焼牡蠣食べ放題「GUMBO&OYSTER BAR なんばパークス店」に行ってきました - GIGAZINE

カンガルー肉も食べ放題、京都ロイヤルホテルの「オーストラリアンディナーバイキング」試食レビュー - GIGAZINE

パンケーキが食べ放題、ロイヤルホストの「お好きなだけパンケーキ」でメープルシロップたっぷりのパンケーキを食べてきた - GIGAZINE

ワッパーおかわりし放題、バーガーキングの太っ腹キャンペーン「“B”iking(バイキング)」に挑戦してみた - GIGAZINE

500円でギョーザ食べ放題、大阪王将阪急高槻店に行ってきました - GIGAZINE

エビフライ食べ放題&ステーキ食べ放題を雪の中、北近江で挑戦してみた - GIGAZINE

in レビュー,   取材,   , Posted by darkhorse_log